【野球】クオリティスタート(QS)とはどういう意味?達成条件や意外なデメリットを解説

今年は20試合中15試合でQSを達成しました

野球のハイライトでこんな報道を耳にすることはありませんか?

今回はそんな「QS」に関する解説記事です。

ぜひ最後までご覧ください。

QSとは??
  • QSとはクオリティスタートとのことです
  • 投手を評価する指標です
  • 先発投手が6回以上投げて、かつ3自責点以内に抑えた時に記録されます

QSの意味と達成条件

QSとは「クオリティスタート」の略称です

達成条件として先発投手が6回以上投げて、かつ3自責点以内に抑えた時に記録されます

「6回以上投げる」と「3自責点以内」は両方同時に達成しないといけません。

例えば以下の例では◯がQS達成、×がQS未達成です。

  • 5回3自責点 →×
  • 6回3自責点 →○
  • 7回3自責点 →○
  • 7回4自責点 →×

たとえ6回まで3自責点に抑えていても7回に4自責点目を取られた場合はQSにはならないです。

QS率とは

QSを使って投手を評価する場合はQS率という指標を利用します

QS率の計算式は以下の通りです。

QS率=QS÷先発登板回数

例えば20回先発登板して15回QSを達成した場合、QS率は75%になりますね

ちなみにQS率75%はかなり優秀です。

なぜQSという指標ができたのか?

それではなぜこのQSという指標ができるに至ったのでしょうか?

それは「投手がどれだけ安定して試合を作ったか」を評価したかったからです。

QSができるまでの先発投手を評価する指標といえば、勝利数や防御率でした。

しかし勝利数や防御率には投手を評価する際、以下のようなデメリットがありました。

  • 勝利数…味方の援護点や中継ぎ陣の能力に大きく左右されてしまう
  • 防御率…毎試合の安定感は測れない

防御率で評価する場合、例えば以下の2投手の防御率は同じということになります。

  • 毎試合6回3失点の投手A
  • 6回無失点と6回6失点を交互に繰り返す投手B

2投手とも防御率上は同じですが、投手Aの方が成績に安定感がありますね。

QSの意外なデメリット

あくまで投手が合格点を超えているかどうかの世界

QSは100点満点中60点の投球をどれだけできるかを評価します

なので60点以上を取れた投手の間で優劣をつけることはできません。

極端な例ですが以下の2投手の場合は評価は同じになるんですね。

  • 投手A…毎試合6回無失点でQS率100%
  • 投手B…毎試合6回3失点でQS率100%

あくまで合格点最低点以上をどれだけ記録できるかの指標なので、合格点以上をとれた投手間で優劣をつけられませんね。

「どれだけ試合を作れたか」という点に重きを置いているので注意しましょう

計算で使用する「自責点」が信頼できるデータではない

自責点は投手の責任で取られた失点のことです

ホームランを打たれたり、ヒットで出したランナーがタイムリーヒットで生還したりした場合に自責点として計上されますね。

一見信頼できそうなデータですが、自責点は結構守備に影響されたりします

例えば守備陣がゴールデングラブ賞を獲得できるほど固い守備を有していれば、ヒットが減るので自責点も下がりやすいですね。

リーグごとに難易度が違う

QSは6回3自責点という基準が決まっている「絶対評価」の指標です。

なのでリーグの違う投手を比較する場合は注意が必要です。

日本プロ野球の平均防御率はだいたい3点台後半です。

一方、メジャーリーグの平均防御率は4点台中盤とちょっと高めです。

本来はリーグのレベル差も考慮すべきですが、メジャーとプロ野球でどちらがQSを達成しやすいかは一目瞭然ですね。

ちなみにHQSって何?

QSに似た指標でHQSという指標もあります

実は日本では一時期こっちが主流で使われていました。

HQSは先発投手が7回以上投げて、かつ2自責点以内だった時に記録されます

QSよりも少し難易度が高いですね。

日本プロ野球は2011,2012年に平均防御率が2点台だったので、QSではなくHQSで投手が評価されました

2020年のQS率ランキング

セリーグ

順位 選手名 QS率
1 西勇輝 80.95%
2 大野雄大 80.00%
2 菅野智之 80.00%
4 森下暢仁 77.78%
5 福谷浩司 71.43%

パリーグ

順位 選手名 QS率
1 千賀滉大 77.78%
1 山本由伸 77.78%
3 涌井秀章 70.00%
4 石川歩 66.67%
4 バーヘイゲン 66.67%
4 上沢直之 66.67%
4 二木康太 66.67%

セリーグとパリーグともに各チームでローテーションを張っている先発投手がランクインしています。

ちなみに2013年に24勝0敗を達成した田中将大投手はQS率が100%でした

勝率&QS率が両方100%なんて空前の記録ですね。

まとめ

今回は以下に関してお話ししました。

QSまとめ
  • QSは先発投手が6回以上投げて、かつ3自責点以内に抑えた時に記録される
  • QSは「投手がどれだけ試合を作ったか」を評価するために作られた
  • 似た指標でHQSという指標もある

野村克也さんのIT野球やメジャーリーグのセイバーメトリクスをはじめとして、野球界の記録はどんどん科学的に分析されています。

QS以外にも投手を図る指標はたくさんあるので、調べてみてくださいね。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました
error: