【ギネス世界記録】に認定された日本人野球選手・日本球団を紹介!【女子野球認定者も】

日本野球に関するギネス世界記録

みなさん、ギネス世界記録はご存知ですね?

「世界で最も高い位置からのバスケシュート」や「スケボーで世界最長の人間トンネルをくぐる犬」など分野を問わず興味をそそる偉業や驚きが認定される記録です。

今回はそんなギネス世界記録の中でも日本人野球選手や日本プロ野球チームが授与された記録を紹介していきます!

それでは最後まで読んでみてください。

ギネス世界記録に認定された選手・球団を紹介!

ギネス世界記録として認定された年度順に紹介します!

【王貞治】通算本塁打数最多記録

通算868本塁打(1977年)

言わずと知れた一本足打法、王貞治の868本の本塁打最多記録です。

シーズン40発が13度、そのうち4度が50発越えの化け物記録ですね。

当時の世界記録はハンクアーロンの755本でしたが、その記録を100本以上上回りました

ただしメジャーとNPBではリーグのレベルが平等でないことから球技全体の世界記録という概念を認めておらず、王の本塁打記録は参考記録となっているようです

【伊藤智仁】五輪1大会の通算奪三振記録

五輪1大会通算27奪三振(1992年)

当時三菱自動車京都に在籍していた伊藤がバルセロナ五輪で1大会通算27奪三振を奪って認定されたギネス世界記録です。

最速150キロを超えるストレートにキレのある高速スライダーで三振の山を築きました

そして野球日本代表の銅メダル獲得に大きく貢献しました。

1大会27奪三振と聞くと実感が薄いですがギネス級の活躍だったんですね!

【川相昌弘】通算犠打数の最多記録

通算533犠打(2003年)

次は「バント職人」という異名を持つ川相昌弘が打ち立てた533犠打という世界記録です。

元々高校時代に4番を打っていた選手がプロに入ってからバントの世界記録をつくるなんて人生わからないものですね。

また最近の野球界のトレンドとしてバントは得点に結びつかないという風潮になっているのでしばらく犠打数世界記録が更新されることはなさそうですね。

ちなみに川相の通算犠打成功率は9割越えだそうです

【ヤクルトスワローズ】1イニング最多連続安打

11打数連続安打(2009年)

次はチームとして認定されたギネス世界記録です。

2009年6月14日ヤクルトが対オリックス戦の5回表に1イニング11打数連続安打(9打者連続安打→四球→2打者連続安打)を達成しました

その後、6月29日にギネス記録に申請、7月13日にギネス記録に認定、7月15日の巨人との試合前に認定証贈呈式が行われています。

日本プロ野球唯一のチームとしてのギネス世界記録です!

【金本知憲】連続試合フルイニング出場

1492試合連続フルイニング出場(2010年)

「アニキ」「鉄人」と呼ばれ広島・阪神で活躍した金本知憲です。

1492試合連続で試合開始から試合終了まで出続けた連続フルイニング出場記録です。

2位は739試合連続フルイニング(秋山翔吾)なのでほぼダブルスコアをつけていますね。

10年以上にわたって1イニングも休まずに出場し続け、今後もうこの記録を抜く選手は現れないんじゃないかと言われています。

特に左手を骨折しながら右手一本でヒットを打つシーンはメディアでも度々取り上げられる名シーンですね!

【田中将大】1レギュラーシーズン連続勝利記録・レギュラーシーズン連続勝利記録・連続勝利記録

  • 1シーズン24連勝(2013年)
  • シーズン28連勝(2013年)
  • 30連勝(ポストシーズンを含む)(2013年)

次は2013年に24勝0敗を達成し最多勝を獲得した「マー君」こと田中将大です。

プロ野球ファンにはもう説明不要の大記録ですね!

1シーズン24連勝、前年からの28連勝、ポストシーズンを含めた30連勝の3件がギネス世界記録として認定されました

2013年11月23日のファン感謝祭で認定証贈呈式にて表彰されています。

「負けないエース」と呼ばれた男が本当に負けないままシーズンを走り切ってしまいました

【イチロー】プロ野球における通算最多安打

日米通算4257安打(2016年)

2016年にイチローがピートローズの通算4256安打を抜いて日米通算最多安打を達成しギネス世界記録に認定されました

朝ニュースを見ると当たり前のように毎日イチローがヒットを打っていたのが懐かしいです

元々この「日米通算」という記録の扱い方については世間で賛否両論が繰り広げられていました。

しかしこのギネス世界記録認定により「ピートローズはメジャー記録」「イチローは世界記録」ということで決着がつきそうですね。

【三浦大輔】プロ野球投手による安打最多連続年数

24年連続安打(2016年)

「ハマの番長」三浦大輔投手がバッターとして認定されたギネス世界記録です。

2年目の92年シーズンから24年連続でヒットを積み重ねてきました

24年間投手として投げ続けてきたからこそ達成できた連続安打記録ですね。

三浦自身は「打席でも一生懸命打とうとやってきたことが記録に繋がった」と語っています!

【岩谷美里】三冠王を初めて獲得した女性プロ野球選手

「首位打者」「最多打点」「最多本塁打」の打撃三冠王(2017年)

女子プロ野球選手、岩谷美里のギネス世界記録です。

女子のプロ野球もあるの?

という方もいると思いますが、女子プロ野球は2010年に誕生して現在は4球団でリーグが運営されています

岩谷は2017年シーズンに打率.441、38打点、5本塁打で女性プロ野球選手として世界で初めて三冠女王を獲得しました

通算記録でも13本塁打、235打点でトップの成績を残している女子野球屈指のスラッガーです。

現在の女子プロ野球はまだまだ観客が少ないですが今後認知がもっと上がって盛り上がりが増したら嬉しいですね!

【大谷翔平】クインタプル100・投手と指名打者で同時出場

  • 1シーズンで投手として100+イニングと100+奪三振を達成し、打者として100+打点、100+安打、100+得点を達成した初めてのMLB選手(2021年)
  • MLBオールスター史上初めて投手と指名打者で先発出場(2021年)

大谷選手はみなさんご存知の通り、2021年にMLBで130回1/3、156奪三振、138安打、100打点、103得点の成績を残してクインタプル100を達成しました。

またオールスター戦では史上初の投手兼指名打者として試合に出場しており、ギネス世界記録に認定されています。

100年以上前の記録を次々と塗り替える伝説的なシーズンでしたね!

なお投手兼指名打者については翌年からレギュラーシーズンでも採用されています。詳しくは「【MLB】2022年の大谷ルールとは?」をどうぞ。

【谷繁元信】プロ野球選手による本塁打最多連続シーズン数

27シーズン連続本塁打(2022年)

谷繁選手はプロ1年目の1989年から2015年の引退年まで歴代最長の27シーズン連続で本塁打を放ちました

27年間も一軍の試合に出続けるだけでも十分すごいことですよね。

ちなみに歴代2位は25年連続のリッキーヘンダーソン、野村克也、イチローの御三方です。

【佐々木朗希・松川虎生】プロ野球における完全試合を達成したピッチャーとキャッチャーの最年少(合計年齢)・プロ野球におけるピッチャーの連続奪三振最多数

  • 20歳5カ月の佐々木朗希投手と18歳5カ月の松川虎生捕手の合計年齢38歳330日(2022年4月10日)
  • 13者連続奪三振(2022年4月10日)

2022年4月10日に佐々木投手が完全試合を達成しましたが、バッテリー合計年齢最年少として松川捕手とともにギネス世界記録に連名で認定されました。

またその試合で達成した13者連続奪三振も同時にギネス世界記録に認定されています。

まさに歴史に残る一戦となりました、リアルタイムで見れた人は非常にラッキーですね

まとめ

今回はギネス世界記録に認定された日本人野球選手と日本プロ野球チームについて紹介しました。

まとめ
  • 通算本塁打数最多記録
  • 五輪1大会の通算奪三振記録
  • 通算犠打数の最多記録
  • 1イニング最多連続安打
  • 連続試合フルイニング出場
  • 連続勝利記録(1シーズン・シーズン・ポストシーズン含む)
  • プロ野球における通算最多安打
  • プロ野球投手による安打最多連続年数
  • 三冠王を初めて獲得した女性プロ野球選手
  • クインタプル100・投手と指名打者で同時出場
  • 本塁打最多連続シーズン数
  • 完全試合を達成したバッテリーの合計年齢最年少・連続奪三振最多数

一般の人に知れ渡っている記録もあれば意外性のある記録もギネス世界記録に認定されていましたね。

今後またギネス世界記録に認定されるような怪物記録が生まれることに期待したいです。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!
error: