【MLB】2022年の大谷ルールとは?二刀流選手が増えるきっかけになるかも

こんにちは。

2022年から新しく導入された大谷ルールについて詳しく教えてほしい!

今回は上記の疑問について本記事で解説します。

2021年に伝説的な活躍をした二刀流・大谷翔平選手をきっかけに導入された「大谷ルール」、野球界に新しい風が吹いたルールになっているのでぜひ最後まで読んでみてください。

✔︎本記事の内容

  • 2022年から導入された大谷ルールとは何か
  • 大谷ルールの目的と初めての適用日
  • 過去に導入された大谷ルール

2022年から導入された大谷ルールとは何か

2022年に新しく制定された通称「大谷ルール」とは、

先発投手が「DH兼投手」として出場できるルール

のことで先発投手が降板しても指名打者として試合に出続けることができるようになります。

2021年のオールスター戦でも採用されたルールですが、2022年から正式にレギュラーシーズンでも導入されることになりました。

以前のルールと大谷ルールの違い

以前のルールとの違いは以下のようになっています。

以前のルール 大谷ルール
先発投手が打席に立つ場合のDHの扱い その試合ではDHを使用できない その試合でDHを使用できる
先発投手として降板後の違い 試合に出場できない DHとして試合に出場できる
出場ポジション 投手 指名打者兼投手

以前は指名打者を試合途中に復活させることはNGでした。

また先発投手として降板してしまうとその試合ではもう出場できませんでした。(ただし降板時に他のポジションの選手と交代すれば試合に出続けられました)

新しい大谷ルールでは先発投手は指名打者と兼任できるようになるので、降板後もDHとして試合に出場できるという大谷選手のためにあるようなルールになっています。

以前よりも打席数が増えることが期待されていますね!

なぜ大谷ルールが導入された?その理由を解説

なぜメジャーリーグは大谷ルールを導入するに至ったのでしょうか?

それは大谷のような二刀流選手が増える動機になるからです。

  • 大谷の活躍の場が増えればMLBの収益につながる
  • 他チームでも二刀流選手が誕生すればMLBが盛り上がる

上記のようなMLBのさらなる人気獲得に期待して大谷ルールを新設したと言われています。

ーー大谷ルールが作られた狙いとは?
「メジャーリーグは去年のオールスターの時も同じルールを導入しました。大谷をより見てもらうためにルールを変えたのです。他のチームにも二刀流の選手を増やして欲しいのだと思います。大谷のような二刀流選手を増やすための動機づくりと考えているはずです」

引用:FNNプライムオンライン「注目の“大谷ルール”導入の狙いとは?AKI猪瀬・藤川球児・谷繁元信・エンゼルス番記者が解説」

大谷ルールの初適用日

大谷ルールが初めて適用されたのは2022年4月8日エンゼルスの開幕戦です。

2022年開幕戦の大谷選手の成績
  • 1番指名打者兼投手として先発出場
  • 投手として4回2/3を投げて1失点、敗戦投手
  • 打者として4打席ノーヒット

成績は振るいませんでしたが投手として降板後も指名打者として試合に出続けました。

新しい大谷ルールが適用された歴史的な1日になりましたね。

ちなみにメジャーリーグの試合を見るには2週間無料のAbemaプレミアムに登録することをおすすめしています。

2022年のAbemaはMLB公式戦324試合を完全ライブ配信しています。

私も大谷ルール初適用日の開幕戦はABEMAで観戦しました!

>>ABEMAプレミアム公式サイトを見る

過去に新設された大谷ルールまとめ

2022年の大谷ルールは先発投手降板後の指名打者出場でしたが過去にも大谷ルールが新設された例があります。

次の2つの大谷ルールについても補足します。

  • 【日本プロ野球】2部門でベストナインを獲得可能に(2016年から)
  • 【メジャーリーグ】新たに「二刀流」選手登録(2020年から)

【日本プロ野球】2部門でベストナインを獲得可能に(2016年から)

ベストナインのルール変更
  • 以前のルール:複数ポジションで同一選手に投票できない
  • 大谷ルール:投手と、野手または指名打者の重複投票ができる

2016年の大谷選手は打者として打率.322・本塁打22本、投手として防御率1.86・10勝4敗の大活躍を果たしました。

投手としても打者としてもリーグトップクラスの成績を残したんですね

上記変更後の大谷ルールにより投手と指名打者の両部門でベストナインを受賞しています。

【メジャーリーグ】新たに「二刀流」選手登録(2020年から)

メジャーリーグの選手登録は2020年から以下のいずれかに登録可能になりました。

  • 投手(Pitcher)
  • 野手(Position Player)
  • 二刀流選手(Two Way Player)

新しく「二刀流選手」という登録枠が追加されました!

前シーズンか現シーズン中に投手として20投球回&野手として20試合の先発出場(1試合3打席以上)に到達すれば二刀流選手として登録可能になります。

二刀流選手として登録されることのメリットは次の2つですね。

二刀流選手のメリット
  • 投手として故障者リスト入りしながら野手として出場可能
  • 二刀流選手は投手枠としてカウントされない

✔︎投手として故障者リスト入りしながら野手として出場可能

二刀流選手は同一の選手が別人とみなされて登録されます。

なので例えば野手としてメジャーの試合に出場しながら投手としてマイナーの試合にリハビリ登板する、なんてことが可能になります。

メジャーはこういう柔軟な変更に積極的なイメージがありますね

 

✔︎二刀流選手は投手枠としてカウントされない

メジャーリーグのベンチ入り枠は26人となっていますがそのうち投手登録は13人までと制限されています。

そして野手の登板も原則NGで延長戦か6点差以上開いた時しか登板することができません。

二刀流登録選手はその制約から外れ14人目の投手としてベンチ入りすることができます。

チームに二刀流選手がいれば監督の采配の幅が広がります!

まとめ

本記事ではメジャーリーグで2022年から新しく導入された大谷ルールについて解説しました。

大谷ルールまとめ
  • 大谷ルール:先発投手が「DH兼投手」として出場できるルール。先発投手が降板しても指名打者として試合に出続けることができる
  • 大谷ルール導入の理由:大谷のような二刀流選手が増える動機になるから
  • 初めての大谷ルール適用日:2022年4月8日エンゼルス開幕戦

メジャー324試合をライブ配信しているAbemaでは2週間無料体験キャンペーンを行なっています。

出典:ABEMAプレミアム

大谷選手以外にも鈴木誠也選手やダルビッシュ有ら日本人選手が出場する試合も放映してくれるのでコチラから登録をどうぞ。

これからは日本プロ野球だけでなくメジャーリーグからも目が離せませんね。

以上です。

>>ABEMAプレミアム公式サイトを見る

error: