【プロ野球】トリプルスリー歴代達成者や令和初の達成候補者を紹介!

こんにちは。

プロ野球におけるトリプルスリーとは「打率3割、本塁打30本、盗塁30個」を1シーズンの間に達成する大記録のことです。

トリプルスリーは山田哲人選手や柳田悠岐選手があまりにも簡単に達成してしまうので私たちの感覚が鈍ってしまっていますがプロ野球でもトップクラスに難易度の高い記録です。

本記事では令和初のトリプルスリーが誰になるのかについてもデータをもとに達成候補者を紹介していきます。

✔︎本記事の内容

  • トリプルスリーとは?打って走れる隙のない打者
  • 歴代トリプルスリー達成者を一挙紹介
  • 令和初のトリプルスリー候補者は誰?

ぜひ最後まで読んでみてください。

トリプルスリーとは?打って走れる隙のない打者

トリプルスリーとは

1シーズンで1人の打者が「打率3割、本塁打30本、盗塁30個」以上を記録すること

を意味しています。

3つの「3」を達成することからトリプルスリーという名前がついているんですね。

下記の3拍子が揃った万能なプレイヤーとして歴史に名を残すことができます。

  • 打率3割…ミート力
  • 本塁打30本…パワー
  • 盗塁30個…走力

非常に難易度の高い記録で過去に達成できた選手数も非常に少ないです

トリプルスリーとともに超人的な記録として「三冠王」も有名です。

首位打者・本塁打王・打点王を1シーズンのうちに全て獲得する大記録なので興味がある人は合わせて読んでみてください。

関連記事:【プロ野球】三冠王歴代達成者や令和初三冠王に期待したい選手を一挙紹介!

歴代トリプルスリー達成者を一挙紹介

日本プロ野球でこれまでにトリプルスリーを達成した選手を一挙に紹介します。

これまでの達成者は10人、合計12回達成されています。

✔︎歴代トリプルスリー達成者一覧

選手名 球団 年度 打率 本塁打 盗塁
岩本 義行 松 竹 1950(セ・リーグ) .319 39 34
別当 薫 毎 日 1950(パ・リーグ) .335 43 34
中西 太 西 鉄 1953(パ・リーグ) .314 36 36
簑田 浩二 阪 急 1983(パ・リーグ) .312 32 35
秋山 幸二 西 武 1989(パ・リーグ) .301 31 31
野村 謙二郎 広 島 1995(セ・リーグ) .315 32 30
金本 知憲 広 島 2000(セ・リーグ) .315 30 30
松井 稼頭央 西 武 2002(パ・リーグ) .332 36 33
山田 哲人 ヤクルト 2015(セ・リーグ) .329 38 34
山田 哲人 ヤクルト 2016(セ・リーグ) .304 38 30
山田 哲人 ヤクルト 2018(セ・リーグ) .315 34 33
柳田 悠岐 ソフトバンク 2015(パ・リーグ) .363 34 32

(引用元:NPB.jp 日本野球機構「各種記録達成者一覧」)

史上唯一の複数回達成者【山田哲人】

多くの方がご存知の通り、山田哲人は2010年代後半に3度のトリプルスリーを達成しています。

あまりにも簡単にトリプルスリーを達成してしまうので「トリプルスリーの価値を自ら下げる男」という声も上がっていますね。笑

すでに「ミスタートリプルスリー」「ミスタースワローズ」などの異名を獲得しています

2015年の流行語大賞を獲得

2015年は山田哲人と柳田悠岐がそれぞれセパ両リーグでトリプルスリーを達成しました。

トリプルスリーの複数人達成は実に65年ぶりでした。

そして「トリプルスリー」という用語がユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選出されています。

そんなに用語自体が流行った感はありませんが野球ファンとしては嬉しいですね!

もっと達成が難しい記録「通算トリプルスリー」

トリプルスリーは通常、1シーズンのうちに3割、30本塁打、30盗塁を記録することですが通算トリプルスリーについても紹介します。

通算トリプルスリー
通算打率3割、通算本塁打300本、通算300盗塁

通算トリプルスリーを達成している選手は張本勲のただ一人です。

張本の通算成績…打率.319、本塁打504本、319盗塁

1シーズンでの3割30本30盗塁は未達でしたが通算記録で達成する離れ技をしました。

ちなみに通算トリプルスリーに惜しかった選手、今後通算トリプルスリーを達成しそうな選手についても気になったので調べてみました。

打率 本塁打 盗塁 備考
長嶋茂雄 .305 444 190
秋山幸二 .270 437 303
イチロー .322 235 708 日米通算
松井稼頭央 .285 233 465 日米通算
柳田悠岐 .319 214 156 現役選手
坂本勇人 .291 261 158 現役選手
山田哲人 .291 248 180 現役選手

※2021年シーズン終了時点

パワー・ミート力・走力の全てにおいて野球人生を通じて高いレベルを維持するのは大変ですね

令和初のトリプルスリー候補者は誰?

平成時代には秋山幸二、野村謙二郎、金本知憲、松井稼頭央、山田哲人(3度)、柳田悠岐の6人がトリプルスリーを達成しました。

ここで令和のトリプルスリーに近い選手について紹介していきます。

トリプルスリーを達成する上でネックになる記録は?

トリプルスリーを達成する上で一番ネックになるのは「盗塁」だと考えています。

近年投手のクイック技術や盗塁自体の価値の低迷などによって盗塁数は減少傾向にあり、特に2021年シーズンに盗塁30個をクリアしたのは中野拓夢のひとりだけです。

本塁打と盗塁の両方において高いレベルの成績を残すのも難しく、トリプルスリー達成の大きな障壁になります。

過去のデータをもとにトリプルスリー候補を紹介

過去のデータをもとにトリプルスリーの候補を探すため今回は同一シーズン中に

「打率.270、本塁打10本、盗塁15個」以上

を満たした選手を紹介していきます。

盗塁だけ少しきつめの縛りにして打率、本塁打、盗塁で高いレベルの成績を残した選手を紹介します

✔︎2019年以降で打率.270、本塁打10本、盗塁15個を満たした選手

選手名 球団 年度 打率 本塁打 盗塁
荻野貴司 ロッテ 2021 .296 10 24
松原聖弥 巨人 2021 .274 15 15
塩見泰隆 ヤクルト 2021 .278 14 21
近本光司 阪神 2021 .313 10 24
堂林翔太 広島 2020 .279 14 17
山田哲人 ヤクルト 2019 .271 35 33
外崎修汰 西武 2019 .274 26 22

やはりトリプルスリー3度達成の山田哲人の成績だけ頭一つ抜けていますね。

他の選手もミート、パワー、走力の全てにおいて潜在能力があるので何かのきっかけでトリプルスリーまで達する可能性を持っています。

トリプルスリーまとめ

本記事ではプロ野球のトリプルスリーについて解説しました。

  • トリプルスリーとは1シーズンで1人の打者が「打率3割、本塁打30本、盗塁30個」以上を記録すること
  • これまでのトリプルスリー達成者は10人、合計12回達成
  • 通算トリプルスリー(3割300本300盗塁)を達成している選手は張本勲のただ一人

以上です。

error: