【オールNPB投票フォーム!】あなたの考える2023年最強メンバーは誰?

大谷翔平の球種一覧!投球比率・平均球速とともに紹介

※本ページにはプロモーションが含まれます。

本記事では二刀流・大谷翔平選手が投げる球種一覧を紹介します。

大谷翔平の球種一覧

MLB公式サイトはスタットキャスト(データ解析ツール)による各選手の分析結果を公開しています。

その公式データによると大谷選手の球種は次のとおりです。

✔︎2023年大谷翔平の球種別投球スタッツ

球種 投球比率 投球数 平均球速
スイーパー 35.2% 737 134.5km/h
ストレート 32.8% 686 155.8km/h
カットボール 15.7% 329 142.6km/h
スプリット 6.5% 136 142.6km/h
シンカー 6.0% 125 152.2km/h
カーブ 3.6% 76 121.5km/h
スライダー 0.2% 5 137.6km/h
100% 2094

大谷選手が投げる球種は投球比率が多い順にスイーパー、ストレート、カットボール、スプリット、シンカー、カーブ、スライダーの7球種です。

投球の中心はスイーパーとストレート

大谷選手の投球の軸はスイーパーとストレートの2球種です。

スイーパーの投球比率が35.2%、ストレートの投球比率が32.8%なので3球に2球はスイーパーとストレートが投じられることになりますね。

スイーパーは水平方向に大きく滑るように曲がる変化球であり、ストライクからボールになる軌道で多くの空振りを奪っています。

またスイーパー(平均134.5km/h)とストレート(平均155.8km/h)には約20km/hの球速差があり、その緩急によっても打者を翻弄しています。

スイーパーとスライダーの違い

スイーパーはMLB公式サイトが2023年から新しく追加した変化球です。

スイーパーはスライダーと似た軌道をする変化球ですが、スライダーよりももっと横に大きく曲がる変化をします。

2022年までは横変化の大小でスライダーを分類していませんでしたが、大谷選手が従来のスライダーと異なる軌道の球を投げ始めたとして、新球種の登録に至りました。

error: