【MLB】2022年からポストシーズンの仕組みが変更【出場チームが12チームに】

こんにちは。

MLBではポストシーズンに出場できるチーム数が10チームから12チームに増えます

ポストシーズンのルールに限った話ではありませんがメジャーリーグのルールは頻繁に変更されるので我々も情報をキャッチするのが大変ですよね。

本記事では新しいポストシーズンの仕組みについて分かりやすく解説していきます。

✔︎本記事の内容

  • 2022年からのポストシーズンの新しい仕組みについて図解
  • 2021年の順位表を2022年からの新ルールに当てはめてみた
  • ポストシーズン出場チーム増加のメリット&デメリット

ぜひ最後まで読んでみてください。

メジャーリーグを見るならABEMAプレミアムがおすすめです!

  • 月額料金960円でMLBのレギュラーシーズンとポストシーズンを見れる
  • 14日間の無料期間あり(無料期間中の解約可能)
  • 日本人メジャーリーガーの試合を網羅している

2022年のMLBポストシーズンの新しい仕組み

ポストシーズン出場チーム数

ポストシーズン出場チームが従来よりも増加します。

  • 2021年まで:各リーグ5チーム、合計10チーム
  • 2022年から:各リーグ6チーム、合計12チーム

ポストシーズン出場可能チームの内訳は次のとおりです。

  • 地区優勝チームの中で勝率1位(第1シード)
  • 地区優勝チームの中で勝率2位(第2シード)
  • 地区優勝チームの中で勝率3位(第3シード)
  • 地区優勝チーム以外で勝率1位(第4シード)
  • 地区優勝チーム以外で勝率2位(第5シード)
  • 地区優勝チーム以外で勝率3位(第6シード)

両リーグで上記の6チームが対象となり、合計12チームがポストシーズンに出場します。

地区優勝チーム以外で勝率3位のチーム」が新たに第6シードとしてポストシーズンに出場できるようになったんですね。

ポストシーズンの組み合わせ

ポストシーズンの出場チームが増えることで組み合わせは次のようになります。

  • WCS(Wild Card Series, ワイルドカードシリーズ)
  • DS(Division Series, 地区シリーズ)
  • LCS(League Championship Series, リーグ優勝決定シリーズ)
  • WS(World Series, ワールドシリーズ)
  • 第1シード…地区優勝チームの中で勝率1位
  • 第2シード…地区優勝チームの中で勝率2位
  • 第3シード…地区優勝チームの中で勝率3位
  • 第4シード…地区優勝チーム以外で勝率1位
  • 第5シード…地区優勝チーム以外で勝率2位
  • 第6シード…地区優勝チーム以外で勝率3位

WCS(Wild Card Series, ワイルドカードシリーズ)

まず第1ラウンドとして第3, 4, 5, 6シードでワイルドカードシリーズを戦います。

  • 方式:3試合2勝先取制
  • 開催地:全試合を上位シードの本拠地で開催する

DS(Division Series, 地区シリーズ)

次に第2ラウンドとしてWCSで勝ち上がったチームと第1、第2シードが対戦します。

  • 方式:5試合3勝先取制
  • 開催地:1, 2, 5戦を上位シードの本拠地、3, 4戦を下位シードの本拠地で開催する

LCS(League Championship Series, リーグ優勝決定シリーズ)

次にリーグ優勝チームを決定するためにDS の勝者同士がLCSを戦います。

  • 方式:7試合4勝先取制
  • 開催地:1, 2, 6, 7戦を上位シードの本拠地、3, 4, 5戦を下位シードの本拠地で開催する

WS(World Series, ワールドシリーズ)

そしてリーグ優勝決定シリーズを勝ち上がったチーム同士で対戦し、MLBにおけるその年の最強チームを決定します。

  • 方式:7試合4勝先取制
  • 開催地:勝率の高いチームの本拠地で1, 2, 6, 7戦を開催し、3, 4, 5戦は勝率の低い方の本拠地で開催する

2021年の順位に当てはめてみる

2022年の新しいポストシーズンの仕組みを2021年の順位に当てはめてみました。

✔︎アメリカンリーグ

シード・チーム名 勝率 順位
❶レイズ 100 62 .617 東地区優勝
❷アストロズ 95 67 .584 西地区優勝
❸ホワイトソックス 93 69 .574 中地区優勝
❹レッドソックス 92 70 .568 東地区2位
❺ヤンキース 92 70 .568 東地区3位
❻ブルージェイズ 91 71 .562 東地区4位

※ヤンキースとレッドソックスは同勝率だが直接対決の結果によりレッドソックスが上位シード権を得る(10勝対9勝)

新しいルールだと優勝チーム以外の勝率3位・ブルージェイズ(東地区4位)が第6シードとしてポストシーズンに出場します。

そしてアメリカンリーグの第4, 5, 6シードは全て東地区からの出場となりました。

第4, 5, 6シードは優勝チーム以外の勝率上位3チームなので同じ地区から3チーム選ばれるケースもあるんですね

✔︎ナショナルリーグ

シード・チーム名 勝率 順位
❶ジャイアンツ 107 55 .660 西地区優勝
❷ブルワーズ 95 67 .586 中地区優勝
❸ブレーブス 88 73 .547 東地区優勝
❹ドジャース 106 56 .654 西地区2位
❺カージナルス 90 72 .556 中地区2位
❻レッズ 83 79 .512 中地区3位

新しいルールにより優勝チーム以外の勝率3位・レッズ(中地区3位)が第6シードとして出場します。

シード権は地区優勝チームに優先して付与されるので、ドジャースの方がブルワーズ(中地区優勝)とブレーブス(東地区優勝)よりも勝率が高いですがドジャースは第4シードに回ります。

アメリカンリーグは東地区、ナショナルリーグは西地区が大激戦区でしたね

ポストシーズン進出チーム増のメリット

ポストシーズンに出場できるチームが増えるメリットは次の2点です。

  • チームの収益が増える
  • 消化試合が減る

チームの収益が増える

ポストシーズンの試合数が増えるのでそれだけ集客や放映による収益が増えます。

両リーグ合計ポストシーズン試合数の比較
  • 旧ルール:26試合〜43試合
  • 新ルール:32試合〜53試合

第6シードが出場することによって最低でも6試合の増加が見込めます。

日本プロ野球のクライマックスシリーズ導入と似たような経緯ですね

消化試合が減る

旧ルールでは地区優勝チームは無条件でDS(Division Series, 地区シリーズ)に出場することができました。

しかし2022年からの新ルールでは第3シード(地区優勝チームの中で勝率3位)はワイルドカードシリーズを戦わないといけません。

地区優勝したからといって決して手を抜くことはできず第1, 2シードになるために勝ち続けないといけません。

その結果として消化試合は減ると考えられます!

ポストシーズン出場チーム増のデメリット

  • レギュラーシーズンの価値が薄れる
  • 勝率5割以下のチームが世界一になる可能性がある

レギュラーシーズンの価値が薄れる

新ルールでは全30球団中の上位12チームがポストシーズンに出場できるようになります。

レギュラーシーズンで162試合も戦って優勝したとしてもポストシーズン(言い方を変えれば敗者復活戦)で負ける可能性も否定できないです。

何のための162試合だったんだという意見があっても仕方ないですね

勝率5割以下のチームが世界一になる可能性がある

さらに出場枠が12チームあることにより勝率5割以下のチームがポストシーズンに出場する可能性があります。

2021年順位表の場合の両リーグの第6シード
  • ア・リーグ:ブルージェイズ(勝率.562)
  • ナ・リーグ:レッズ(勝率.512)

2021年の順位表の場合は問題なかったですがそれでもレッズは勝率.512なので結構ギリギリで貯金を残した状態です。

まとめ

本記事では2022年から新しく導入されるポストシーズンの仕組みについて解説しました。

  • ポストシーズン出場チーム数増加:各リーグ6チーム、合計12チーム
  • 新たにワイルドカードシリーズ(3試合2勝先取)が開催される
  • 出場チーム増のメリット:「チームの収益が増える」「消化試合が減る」
  • 出場チーム増のデメリット:「レギュラーシーズンの価値が薄れる」「勝率5割以下のチームが世界一になる可能性がある」

以上です。

error: