【プロ野球】特例2022のルールについて解説!代替指名選手とは?【延長戦はどうなる?】

プロ野球ではコロナ禍でどんな対策をとっているんだろう?特例2022のルールについて教えてほしい。

今回は上記のような疑問を解決していきます。

✔︎本記事の内容

  • 感染拡大防止特例2022とは
  • 特例2022のルール内容
  • 特例2022・特例2021・特例2020の比較

本記事を読めば2022年シーズンのプロ野球運用ルールについて知ることができるのでぜひご覧ください。

感染拡大防止特例2022とは

感染拡大防止特例2022は日本プロ野球がコロナ禍で2022年シーズンを最後まで継続するために設立した新ルールです。

通称「特例2022」と呼ばれ、基本的には昨年までの特例2020・特例2021に則ってルールが作成されています。

特例2022のルール内容【延長イニングが変更】

特例2022のルール内容を表でまとめました。

特例2022 内容 備考
試合数 143試合 同リーグ25回戦総当たり
他リーグ3回戦総当たり
延長戦 12回まで
一軍人数(出場登録選手人数) 31名 外国人は5名まで
ベンチ入り人数 26名 外国人は4名まで

試合数:143試合

試合数は2021年と変わらず143試合行ないます。

同一リーグと25戦総当たり(25試合×5チーム)、他リーグと3戦総当たり(3試合×6チーム)です。

比較
  • 従来:143試合(25戦総当たり、交流戦18試合)
  • 特例2020:120試合(24戦総当たり、交流戦なし)
  • 特例2021:143試合(25戦総当たり、交流戦18試合)
  • 特例2022:143試合(25戦総当たり、交流戦18試合)

延長戦:12回まで

2022年の延長戦は従来通り12回までで実施される予定です。

ついにコロナ禍前の従来通りのルールに戻りました
比較
  • 従来:12回まで
  • 特例2020:10回まで
  • 特例2021:9回まで
  • 特例2022:12回まで

一軍人数:31名まで(外国人は5名まで)

2022年は2020年、2021年に引き続き一軍人数31名で運用していきます。

外国人枠も最大5名とし、投手5名or野手5名という内訳にすることはできません。

比較
  • 従来:29名まで(外国人は4名まで)
  • 特例2020:31名まで(外国人は5名まで)
  • 特例2021:31名まで(外国人は5名まで)
  • 特例2022:31名まで(外国人は5名まで)

ベンチ入り人数:26名まで(外国人は4名まで)

ベンチ入り人数も2020、2021年に引き続き最大26名になります。

そのうち外国人は4名までで、投手4名or野手4名という偏ったベンチ入りはNGです。

比較
  • 従来:25名まで(外国人は4名まで)
  • 特例2020:26名まで(外国人は4名まで)
  • 特例2021:26名まで(外国人は4名まで)
  • 特例2022:26名まで(外国人は4名まで)

代替指名選手

選手本人やその家族に感染拡大の疑いが出た場合、代替選手を指名してから登録抹消されます。

そして以下のルールで再登録が可能です。

  • 特例2022で登録抹消された選手は10日間を待たずに再登録が可能
  • 10日間を待たずに再登録する場合は代替指名選手と入れ替え

感染の疑いが出た場合にスムーズに出場登録選手を入れ替えるための新ルールですね

特例2022・特例2021・特例2020の比較

特例2022 特例2022 特例2021 特例2020 従来
試合数 143試合 143試合 120試合 143試合
延長戦 12回まで 9回まで 10回まで 12回まで
一軍人数 31 31名 31名 29名
ベンチ入り人数 26 26名 26名 25名
外国人枠(一軍人数) 5 5名 5名 4名
外国人枠(ベンチ入り) 4 4名 4名 4名

以上です。

完全に従来通りの運用に戻すにはまだまだ時間がかかりそうですが、ウィズコロナの精神で少しずつ現状にマッチしたルールになるといいですね。

error: