【野球基礎】ハーフスイングの判定基準はどこまで?実は明確なルールがありません

野球観戦をしていたらキャッチャーが塁審に対してハーフスイングの要求をしていたけど何が起こったのか教えてほしい。判定基準とかは存在するの?

本記事では上記のような疑問にお答えしていきます。

✔︎本記事の内容

  • ハーフスイングの意味【途中までバットを振ること】
  • ハーフスイングの判定基準【明確な基準は無いが目安はあり】
  • ハーフスイングの要求方法【NG行為もあり】

ハーフスイングの意味とは?

ハーフスイングとは

バットを途中まで振って止める動作

のことを言います。

直訳してHalf Swing=半分空振りなので空振りか空振りじゃないか微妙なラインの時に使用する言葉ですね。

特にボール球に対するハーフスイングはハーフスイングを取られる、ハーフスイングを取られないという表現をし、

  • ハーフスイングを取られる →空振りでストライク
  • ハーフスイングを取られない →見送りでボール

という判定をされます。

1試合に数回は発生する出来事なのでぜひ覚えておきましょう!

ハーフスイングの判定基準

次にハーフスイングの定義についてですが、実はハーフスイングには明確な定義は存在しません

審判の判断に委ねられます。

とは言いつつある程度「こんな雰囲気」の目安はある

ルール上はハーフスイングの定義はありませんが野球界内で大体の目安は存在します。

  • グリップよりもヘッドが前に出ている
  • バッターの手首が返っている
  • 下半身が開いている

おおむね上記のような基準が挙げられます。

特にグリップよりもバットが前に出ているかどうかは野球観戦初心者にもわかりやすい指標ですね。

ハーフスイング判定

グリップよりもヘッドが前に出ているかどうかでスイングしたかどうかを判断します。

  • グリップよりヘッドが前に出ている →確実にスイング
  • グリップとヘッドが並行 →際どいがスイングになることが多い
  • グリップよりもヘッドが後ろ →ノースイングになることが多い

ハーフスイングを要求する方法

ハーフスイングは球審がストライクと宣告しなかった時だけキャッチャーか監督が塁審の判断を仰ぐように球審に要求することができます。

そして球審は要求があったら塁審にハーフスイングを取るかどうか確認する必要があります。

  • 右バッターの場合 →一塁審に確認
  • 左バッターの場合 →三塁審に確認

【原注2】 ハーフスイングの際、球審がストライクと宣告しなかったときだけ、監督または捕手は、振ったか否かについて、塁審のアドバイスを受けるよう球審に要請することができる。球審は、このような要請があれば、塁審にその裁定を一任しなければならない。
塁審は、球審からのリクエストがあれば、ただちに裁定を下す。このようにして下された塁審の裁定は最終のものである。
引用元:公認野球規則

ハーフスイングに関するNG行動

ハーフスイングに関して次の行動はNGと言われています。

  • ストライク判定に対してバッターが塁審への判断を球審へ要求する
  • 捕手と監督以外が塁審への判断を球審へ要求する
  • 捕手と監督が直接塁審へハーフスイングの判断を要求する

一つずつ解説します。

ストライク判定に対してバッターが塁審への判断を球審へ要求する

ストライクの判定に対してバッターが異議を唱えるのはできません。

あくまでボール判定に対して守備側がハーフスイングの判断を要求する場合のみ適用されます。

なので以下のようなジョーンズ選手の行動は本来NGとなっています。

捕手と監督以外が塁審への判断を球審へ要求する

塁審への判断を球審に要求できるのは捕手か監督のみです。

そして球審は塁審への判断を要求されたら判定を塁審に任せなければいけません。

捕手と監督が直接塁審へハーフスイングの判断を要求する

捕手か監督が塁審に直接ハーフスイングの判断を仰ぐことはNGになっています。

しかしプロ野球では結構捕手が塁審に直接判定を要求する場面が目立つのでその辺は見過ごされていますね。

高校野球などでは捕手が塁審に直接ハーフスイングの判定を要求すると注意されるので気をつけましょう。

【ただし】ハーフスイングはリクエストできない

プロ野球には異議のある判定に対してリクエスト(ビデオ判定)を審判に要求することができます。

特にホームランorファールの判定やセーフorアウトの判定に対してリクエストすることが多いですね。

しかし現行のルールではハーフスイングに対する異議はリクエストをすることができません。

リクエストに関して詳しく知りたい方は「リクエスト制度のルールや回数制限について解説します」もどうぞ。

以上、ハーフスイングに関する解説でした。

error: