【プロ野球】12球団合同トライアウトについて徹底解説!一般人は受けられるの?

こんにちは

12球団合同トライアウトの開催場所や開催時期、参加資格、観戦者、合格者などについて教えてほしい!

今回は上記のような疑問を解決していきます。

トライアウトは戦力外通告を宣告されて崖っぷちに立たされた選手の最後の挑戦場ですね。

ぜひ最後まで読んでみてください。

12球団合同トライアウトとは?

12球団合同トライアウトとはプロ野球12球団が合同で行なう自由契約選手を対象としたトライアウトです。

戦力外通告を受けた選手達が翌年以降も野球で飯を食べていけるかがこのトライアウトで決まります。

2001年からスタートして以来毎年行われています。

開催時期・開催場所は?【11-12月に持ち回り】

開催時期はだいたい11月〜12月あたりです。

12球団平等にするため戦力外通告期間の後に実施されます。

✔︎戦力外通告期間

第1次通告 10月1日からCS開幕前日
第2次通告 CS全日程終了翌日から日本シリーズ終了翌日まで(日本シリーズ出場チームは日本シリーズ終了の5日後まで)

また開催場所については12球団が持ち回りで開催権を持ち、本拠地球場かそれに程近い球場で行われます。

これまでの開催日・開催球場を以下にまとめました。

月日 開催球場
2001 10月30日 ナゴヤ球場
11月26日 読売ジャイアンツ球場
2002 11月6日 横須賀スタジアム
11月26日 阪神甲子園球場
2003 11月5日 広島市民球場
11月21日 明治神宮野球場
2004 11月9日 西武ドーム
11月24日 雁の巣球場
2005 11月7日 ファイターズスタジアム
11月25日 神戸総合運動公園サブ球場
2006 11月6日 フルキャストスタジアム宮城
11月27日 千葉マリンスタジアム
2007 11月7日 読売ジャイアンツ球場
11月27日 ナゴヤ球場
2008 11月11日 横浜ベイスターズ総合練習場
11月26日 広島市民球場
2009 11月11日 阪神甲子園球場
11月25日 明治神宮野球場
2010 11月10日 西武ドーム
11月24日 福岡 Yahoo! JAPANドーム
2011 11月24日 ほっともっとフィールド神戸
12月5日 QVCマリンフィールド
2012 11月9日 日本製紙クリネックススタジアム宮城
11月21日 ファイターズスタジアム
2013 11月10日 静岡県草薙総合運動場硬式野球場
11月22日 ナゴヤ球場
2014 11月9日 静岡県草薙総合運動場硬式野球場
11月20日 読売ジャイアンツ球場
2015 11月10日 静岡県草薙総合運動場硬式野球場
2016 11月12日 阪神甲子園球場
2017 11月15日 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
2018 11月13日 タマホームスタジアム筑後
2019 11月12日 大阪シティ信用金庫スタジアム
2020 12月7日 明治神宮野球場
2021 12月8日 メットライフドーム

2001年〜2014年までは毎年東西の球場で計2回開催されていましたが、2015年以降は1回限りの開催になっています。

1回目は落ちたけど2回目で受かる、というどんでん返しが見れなくなりました

参加資格は?【一般人は参加不可】

12球団合同トライアウトの参加資格は次のどちらかです。

  • 自由契約になったプロ野球選手
  • 一度でもプロ野球球団と契約したことがある選手

なので一般人(高校生や大学生も含め)の野球選手は参加することができません。

逆に一度でもプロになったことがある選手であれば参加できるので、プロ野球から独立リーグや社会人野球に行った選手でも参加することが可能です。

独立リーグのユニフォームを来てトライアウトを受ける選手もちらほらいますね

観戦者はだれ?【さまざま】

トライアウトにはプロ野球球団の関係者以外にも様々な観戦者が集まります。

  • 社会人野球チーム
  • 台湾野球球団
  • MLB球団
  • 他種目の関係者
  • 一般のファン

国内野球チームや海外野球リーグの関係者が元日本プロ野球選手に注目するのは納得しますね。

また元野球選手という身体能力の高さに着目して他の競技関係者が観戦してくるケースもあります。

有名な放送番組は?【プロ野球戦力外通告】

12球団合同トライアウトに密着するテレビ番組として一番有名なのは

プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達

ですね。

プロ野球戦力外通告に出演した選手とその動向

2017年以降にプロ野球戦力外通告に出演した選手を紹介します。

年度 選手名 前所属→その後の動向
2017 髙橋洸 巨人→深谷組硬式野球部(社会人野球)
實松一成 巨人→日本ハム
片山博視 楽天→武蔵ヒートベアーズ(独立リーグ)
2018 城所龍磨 ソフトバンク→引退
古野正人 ヤクルト→引退
塚田貴之 福井ミラクルエレファンツ(独立リーグ)→福井に残留
2019 友永翔太 中日→引退
森福允彦 巨人→引退
若松駿太 栃木ゴールデンブレーブス(独立リーグ)→残留
2020 田原誠次 巨人→引退
濱矢廣大 横浜DeNA→茨城アストロプラネッツ(独立リーグ)
田城飛翔 ソフトバンク→オリックス(育成)
2021 牧田和久 楽天→無所属
高野圭佑 中信兄弟(台湾)→栃木ゴールデンブレーブス(独立リーグ)
川原弘之 ソフトバンク→引退

トライアウトの結果は?【合格した選手を紹介】

最後にトライアウトに参加して合格した選手を一覧で紹介します。

球団から戦力外通告を宣告されたとしても適材適所でその選手がほしいという他球団は現れるということがわかりますね。

トライアウトに参加してプロ野球球団から声がかかった選手を紹介していきます!
年度 選手名 前所属→動向
2017 山崎憲晴 横浜DeNA→阪神
武藤祐太 中日→横浜DeNA
田代将太郎 西武→ヤクルト
2018 成瀬善久 ヤクルト→オリックス
山下亜文 ソフトバンク→巨人(育成)
廖任磊 巨人→西武
中井大介 巨人→横浜DeNA
2019 八百坂卓丸 楽天→巨人(育成)
田中豊樹 日本ハム→巨人(育成)
森越祐人 阪神→西武
2020 田城飛翔 ソフトバンク→オリックス(育成)
宮台康平 日本ハム→ヤクルト

まとめ

本記事ではプロ野球の12球団合同トライアウトについて解説しました。

12球団合同トライアウトまとめ
  • プロ野球12球団が合同で行なう自由契約選手を対象としたトライアウト
  • 開催時期はだいたい11月〜12月あたりで、開催球場は12球団持ち回り
  • 参加資格は「自由契約になったプロ野球選手」「一度でもプロ野球球団と契約したことがある選手」
  • 観戦者は社会人野球チーム、台湾野球球団、MLB球団、他種目の関係者、一般のファン

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

error: