【野球】グランドスラムとはどういう意味?最多記録ランキングを紹介!【同名の漫画もあります】

本記事では野球におけるグランドスラムという用語について野球観戦初心者向けに解説していきます。

✔︎本記事の内容

  • 野球におけるグランドスラムとは?
  • 【野球漫画】GRAND SLAMを紹介
  • 満塁ホームラン(グランドスラム)数ランキング

野球におけるグランドスラムとは?

野球におけるグランドスラムの意味とは満塁ホームランのことです。

英語では「Grand Slam」と書きます。

3つある塁が全て埋まっている状態で打つホームランなので、一度に4点も入ります。

【野球漫画】GRAND SLAM

余談ですがGRAND SLAMという青年野球漫画もあります。

河野慶先生によって描かれ、週刊ヤングジャンプにて連載されました。

「GRAND SLAM」のあらすじ | ストーリー

孤独な拳法少年・世界一心は、憧れ続けた野球部の門を叩く。だが同級生の蔵座直哉に入部テストを課されることに。窮地に追い詰められた一心は、培ってきた「秘めた力」を発揮して…!? 弱虫・世界一心の加入で、弱小野球部の大逆襲が始まった――!!

引用元:まんが王国

野球漫画「GRAND SLAM」を読むならまんが王国がおすすめです。

無料で読める漫画が3,000作品以上あり今登録すれば半額クーポンももらえます。

会員登録は無料なので掲載作品をぜひチェックしてみてください。

満塁ホームラン(グランドスラム)数ランキング

日本プロ野球のグランドスラム数について通算最多記録・シーズン最多記録・1試合最多記録のランキングを紹介します。

通算最多記録ランキング

順位 選手名 満塁本塁打数 通算本塁打数 満塁本塁打率
1 中村剛也 22 442 0.0498 
2 王貞治 15 868 0.0173 
3 藤井康雄 14 282 0.0496 
3 中村紀洋 14 404 0.0347 
5 駒田徳広 13 195 0.0667 
5 江藤智 13 364 0.0357 
5 小久保裕紀 13 413 0.0315 
5 井口資仁 13 251 0.0518 
9 野村克也 12 657 0.0183 
9 江藤慎一 12 367 0.0327 

通算満塁ホームラン数のダントツ一位はおかわりくんこと中村剛也選手です。

シーズン最多記録ランキング

順位 選手名(所属) 満塁本塁打数 本塁打数 年度
1 西沢道夫(中日) 5 46 1950
2 門田博光(南海) 4 40 1983
2 ブーマー(阪急) 4 40 1987
2 バークレオ(西武) 4 38 1988
2 今岡誠(阪神) 4 29 2005
2 ウッズ(中日) 4 47 2006
2 中村剛也(西武) 4 37 2015
2 中村剛也(西武) 4 30 2019
2 村上宗隆(ヤクルト) 4 56 2022

シーズン満塁ホームラン数1位は1950年・西沢道夫選手の5本です。

1試合最多記録

選手名(所属) 満塁本塁打数 達成年月日
飯島滋弥(大映) 2 1951年10月5日
二岡智宏(巨人) 2 2006年4月30日(2打席連続)

1試合の満塁ホームラン数の最多記録は2本で飯島選手と二岡選手が記録しています。

また満塁ホームランの究極系として「代打逆転サヨナラ満塁ホームラン」を記録している選手もプロ野球には存在します。

以下の記事で紹介しているので興味があればぜひご覧ください。

error: