【オールNPB投票フォーム!】あなたの考える2023年最強メンバーは誰?

WBC2023の優勝賞金はいくら?各国への分配ルールと一人あたりの報酬について解説

wbc2023

※本ページにはプロモーションが含まれます。

本記事では2023年WBCの賞金について下記の内容でまとめました。

✔︎本記事の内容

  • WBC2023出場各国の賞金ランキング
  • 各国への賞金分配ルール
  • 優勝した日本の一人あたりの賞金はいくら?
  • ちなみにMVP・ベストナイン受賞者の個人賞金はいくら?

見事3大会ぶりに世界一になった日本の優勝賞金はいくらだったのでしょうか。

WBC2023出場各国の賞金ランキング

WBC2023の本大会に出場した20カ国はもれなく賞金を獲得することができます。

下表ではWBC2023が開催されていた2023年3月当時のレートである1ドル135円で各国の賞金額を計算しています。

✔︎WBC2023出場各国の賞金ランキング

※❶:決勝で勝利、❷:準決勝で勝利、❸:準々決勝で勝利、❹:1次リーグで1位通過、❺:1次リーグを2位以上で通過、❻:本大会に出場(全20カ国)

国名 賞金(ドル) 賞金(円)
1 日本 300万 4億0500万
2 アメリカ 170万 2億2950万
3 キューバ 150万 2億0250万
メキシコ 150万 2億0250万
5 ベネズエラ 100万 1億3500万
6 イタリア 70万 9450万
オーストラリア 70万 9450万
プエルトリコ 70万 9450万
9 オランダ 30万 4050万
パナマ 30万 4050万
台湾 30万 4050万
韓国 30万 4050万
チェコ 30万 4050万
中国 30万 4050万
カナダ 30万 4050万
イギリス 30万 4050万
コロンビア 30万 4050万
ドミニカ 30万 4050万
イスラエル 30万 4050万
ニカラグア 30万 4050万

賞金総額は1440万ドル(日本円で約19億4400万円)にも上り、本大会に出場した20カ国が少なくとも参加賞金として30万ドルを獲得しました。

優勝した日本は300万ドル、準優勝のアメリカは170万ドル、ベスト4のキューバとメキシコは150万ドルを獲得しました。

日本の優勝賞金額は日本円で約4億円でした。

各国への賞金分配ルール

賞金分配ルールは次のとおりです。

※1ドル135円換算

番号 対象国数 賞金(ドル) 賞金(円)
本大会出場 20 30万 4050万
1次リーグ2位以上通過 8 +40万 +5400万
1次リーグ1位通過 4 +30万 +4050万
準々決勝勝利 4 +50万 +6750万
準決勝勝利 2 +50万 +6750万
決勝勝利 1 +100万 +1億3500万
総額 1440万 19億4400万

本大会出場→1次リーグ突破→1次リーグ1位通過→準々決勝勝利→準決勝勝利→決勝勝利と、勝てば勝つほど賞金が上がっていくシステムで賞金が確定します。

仕組み上は1次リーグを1位通過してなおかつ優勝すれば最大で300万ドルを獲得できる計算になります。

日本は2023年のWBCで1次リーグ(B組東京ラウンド)を1位通過かつ準々決勝・準決勝・決勝で勝利したので最高賞金である300万ドルを獲得しました。

優勝した日本の一人あたりの賞金はいくら?

世界一になった日本は総額300万ドルを獲得しましたが一人あたりの賞金はいくらだったのでしょうか?

選手と各チームの連盟に半分ずつ分配される。1人あたり5万ドル(約675万円)を得ることになる。

引用元:【WBC】侍ジャパンVなら賞金総額4億円、1人あたり675万円 サッカーW杯優勝は57億円

300万ドルのうち半分の150万ドルは連盟に分配されるので、日本代表チームの各選手には残りの150万ドルをメンバー30人で割った5万ドルが配分されました。

日本円にすると一人あたりのWBC賞金額は675万円(1ドル135円換算)です。

約2週間の大会期間で国を背負う重圧の中で獲得する賞金として妥当かどうかは個人の感覚次第な気がしますね。

ちなみにMVP・ベストナイン受賞者の個人賞金はいくら?

WBCではチームの成績に応じて賞金が分配されていきますが、選手個人に対する賞金はありません。

  • 最優秀選手(MVP)
  • ベストナイン(投手3名、他ポジションは指名打者含め1名ずつ)
  • 各ラウンドMVP(台中、東京、フェニックス、マイアミ)

上記のような個人表彰を受けても賞金はゼロで得られるのは名誉のみとなります。

error: