【オールNPB投票フォーム!】あなたの考える2023年最強メンバーは誰?

【MLB】メジャーリーグのポストシーズンの仕組みやワイルドカードについて解説!

※本ページにはプロモーションが含まれます。

メジャーリーグ(MLB)ではレギュラーシーズンが終了した後、その年のワールドチャンピオンを決めるためにトーナメント形式のポストシーズン(プレーオフ)が行われます。

本記事ではMLBのポストシーズンの仕組みについてトーナメント表の図とともに解説していきます。

✔︎本記事の内容

  • MLBのポストシーズンの仕組みについて図解で解説
  • ワイルドカードとはどういう意味?
  • 現行のポストシーズン制度は2022年からスタート

MLBのチーム一覧

最初に基礎知識からお話ししますが、メジャーリーグは2リーグ×3地区制で1地区5球団、全30球団でレギュラーシーズンを戦います。

アメリカンリーグ(American league, AL)
東地区 中地区 西地区
ボルチモア・オリオールズ シカゴ・ホワイトソックス ヒューストン・アストロズ
ボストン・レッドソックス クリーブランド・ガーディアンズ ロサンゼルス・エンゼルス
ニューヨーク・ヤンキース デトロイト・タイガース オークランド・アスレチックス
タンパベイ・レイズ カンザスシティ・ロイヤルズ シアトル・マリナーズ
トロント・ブルージェイズ ミネソタ・ツインズ テキサス・レンジャーズ
ナショナルリーグ(National league, NL)
東地区 中地区 西地区
アトランタ・ブレーブス シカゴ・カブス アリゾナ・ダイヤモンドバックス
マイアミ・マーリンズ シンシナティ・レッズ コロラド・ロッキーズ
ニューヨーク・メッツ ミルウォーキー・ブルワーズ ロサンゼルス・ドジャース
フィラデルフィア・フィリーズ ピッツバーグ・パイレーツ サンディエゴ・パドレス
ワシントン・ナショナルズ セントルイス・カージナルス サンフランシスコ・ジャイアンツ

30球団でレギュラーシーズンを戦い、成績上位のチームがトーナメント形式のポストシーズンに進みます。

そしてトーナメントを勝ち上がって決勝の舞台であるワールドシリーズ(優勝決定戦)を制覇したチームがその年のワールドチャンピオンになります。

本記事ではレギュラーシーズン終了後のトーナメント形式のポストシーズンについて解説していきます。

MLBのポストシーズンの仕組みについて図解で解説

メジャーリーグのポストシーズンは次のようなトーナメント表になっています。

※WCS(Wild Card Series, ワイルドカードシリーズ)、DS(Division Series, 地区シリーズ)、LCS(League Championship Series, リーグ優勝決定シリーズ)、WS(World Series, ワールドシリーズ)

ワイルドカードとはどういう意味?

ワイルドカードとは地区優勝チーム以外の中で勝率の高い上位3チームのことです。

レギュラーシーズンの成績によって各リーグの第1シード〜第6シードが決定しますが、その第4〜6シードのチームのことをワイルドカードと言います。

シード 立ち位置 決まり方
第1シード 地区優勝 地区優勝チームの中で勝率1位
第2シード 地区優勝 地区優勝チームの中で勝率2位
第3シード 地区優勝 地区優勝チームの中で勝率3位
第4シード ワイルドカード 地区優勝チーム以外で勝率1位
第5シード ワイルドカード 地区優勝チーム以外で勝率2位
第6シード ワイルドカード 地区優勝チーム以外で勝率3位

東・中・西の各地区で優勝したチームは無条件に第1〜3シードとなり、地区優勝できなかったチームのうち勝率上位3チームまでがワイルドカードとして第4〜6シードに入ることができます。

例えば2022年ナ・リーグの場合は、シーズン成績をもとに次のように第1〜6シードが決定しました。

シード チーム名 勝率 シーズン成績
第1シード ドジャース .685 西地区優勝
第2シード ブレーブス .623 東地区優勝
第3シード カージナルス .574 中地区優勝
第4シード メッツ .623 東地区2位
第5シード パドレス .549 西地区2位
第6シード フィリーズ .537 東地区3位

カージナルスよりもメッツの方がシーズン勝率が高いですが、あくまで勝率よりも地区優勝のほうがシード権が優先されるのでカージナルスが第3シード、メッツが第4シードとなっています。

ポストシーズン出場チーム数

ポストシーズンへ出場することができるチームは全30チーム中12チームです。

  • 地区優勝の3チーム(両リーグ合わせて6チーム)
  • 地区優勝チーム以外の12チームで勝率の高い上位3チーム(両リーグ合わせて6チーム)

WCS(Wild Card Series, ワイルドカードシリーズ)

まず第1ラウンドとして第3, 4, 5, 6シードでワイルドカードシリーズを戦います。

  • 方式:3試合2勝先取制
  • 開催地:全試合を上位シードの本拠地で開催する

DS(Division Series, 地区シリーズ)

次に第2ラウンドとしてWCSで勝ち上がったチームと第1、第2シードが対戦します。

  • 方式:5試合3勝先取制
  • 開催地:1, 2, 5戦を上位シードの本拠地、3, 4戦を下位シードの本拠地で開催する

LCS(League Championship Series, リーグ優勝決定シリーズ)

次にリーグ優勝チームを決定するためにDSの勝者同士がLCSを戦います。

  • 方式:7試合4勝先取制
  • 開催地:1, 2, 6, 7戦を上位シードの本拠地、3, 4, 5戦を下位シードの本拠地で開催する

WS(World Series, ワールドシリーズ)

そして最後にリーグ優勝決定シリーズを勝ち上がったチーム同士が対戦し、MLBにおけるその年の最強チームを決定します。

  • 方式:7試合4勝先取制
  • 開催地:勝率の高いチームの本拠地で1, 2, 6, 7戦を開催し、3, 4, 5戦は勝率の低い方の本拠地で開催する

現行のポストシーズン制度は2022年からスタート

現在のポストシーズンは実は2022年から採用された新ルールです。

メジャーリーグが3地区制になった1994年以降のポストシーズン出場球団数については次のとおりです。

✔︎ポストシーズン出場球団数の推移(3地区制になった1994年以降)

ポストシーズン出場球団数
1994年~2011年 8チーム(各リーグ4チームずつ)
2012年~2021年 10チーム(各リーグ5チームずつ)
2022年~ 12チーム(各リーグ6チームずつ)

当初のルールよりもポストシーズンに出場できるチームが徐々に増加しています。

2022年のポストシーズンルール変更で「地区優勝チーム以外で勝率3位のチーム」が新たに第6シードとして出場できるようになりました。

出場チームが増えるメリットとしては、

  • ポストシーズンの試合数が増えるので収益も増える
  • レギュラーシーズンの消化試合が少なくなる

といったことが挙げられますが、実はポストシーズン出場チーム数増によるデメリットも存在します。

気になる人は「【MLB】2022年からポストシーズンの仕組みが変更【出場チームが12チームに】」もぜひ読んでみてください。

以上、メジャーリーグのトーナメント形式のポストシーズンに関する解説でした。

error: