メジャーリーグでMVPと新人王を受賞した歴代日本人選手を一挙紹介

本記事では大リーグでMVPと新人王を獲得した経験のある日本人選手を紹介します。

日本人でメジャーリーグのMVPを獲得した選手は2人!

日本人でメジャーリーグのMVP(最優秀選手)を獲得した選手は次の2人です。

選手名 年度 守備位置 成績
イチロー 2001 外野手 157試合 打率.350 8本塁打 69打点 56盗塁 242安打
大谷翔平 2021 投手/指名打者 投手:23登板 防御率3.18 9勝2敗 156奪三振
打者:155試合 打率.257 46本塁打 100打点 26盗塁 138安打

イチロー選手は2001年にオリックスからマリナーズに移籍して1年目にいきなり新人王とMVPを獲得しマリナーズの西地区優勝に貢献しました。

そしてこの年に首位打者と盗塁王のタイトルも受賞しています。

次に大谷翔平選手は2021年に投打二刀流で9勝46本塁打の成績を残し、満票(30票)でMVPを獲得しています。

これまで数多くの日本人が海を渡ってメジャーに挑戦しましたがMVPを獲得するほどの活躍を見せたのはイチローと大谷の2人だけです。

日本人でメジャーリーグの新人王を獲得した選手は4人!

次にメジャーリーグで新人王を獲得した日本人の一覧です。

選手名 年度 守備位置 成績
野茂英雄 1995 投手 28登板 防御率2.54 13勝6敗 236奪三振
佐々木主浩 2000 投手 63登板 防御率3.16 2勝5敗37セーブ 78奪三振
イチロー 2001 外野手 157試合 打率.350 8本塁打 69打点 56盗塁 242安打
大谷翔平 2018 投手/指名打者 投手:10登板 防御率3.31 4勝2敗 63奪三振
打者:114試合 打率.285 22本塁打 61打点 10盗塁 93安打

先発投手(野茂)、クローザー(佐々木)、リードオフマン(イチロー)、投打二刀流(大谷)とそれぞれタイプは全く違いますがこれまでに4人の日本人選手がメジャーの新人王を受賞しました。

野茂選手はシーズンで236三振を奪って最多奪三振のタイトルも獲得しています。

大谷選手は二刀流としてメジャー1年目のシーズンでしたが4勝22本塁打の好成績を残して二刀流選手初の新人王を獲得しています。

error: