プロ野球を見る方法はこちらから【無料視聴あり】

【野球ルール】振り逃げとは?発生条件や珍記録について【打点・出塁率はどうなる?】

  • バッターが三振したのに一塁に走り出したのはなぜですか?
  • 振り逃げの発生条件の理解が曖昧なので教えてほしい

本記事では上記のような疑問にお答えしていきます。

✔︎本記事の内容

  • 振り逃げとはどういう意味?
  • 振り逃げの発生条件について
  • 振り逃げのときに打点はつくのか?出塁率は上がるのか?

【ルール】振り逃げとはどういう意味?

振り逃げとは三振しても「ある条件」を満たした時は一塁への進塁を試みることができるルールのことです。

特にワンバウンドのボールを打者が空振りして一塁に走り出すケースが最も一般的な振り逃げです。

1試合に何回か発生するプレーなのでそこまで発生頻度の低いルールではありませんね。

振り逃げの発生条件について

それでは一塁への進塁を試みることができる「ある条件」とは一体なんでしょうか?

振り逃げの発生条件は次の2点です。

  • 【条件①】打者が振ったかどうかに関わらず3ストライク目を捕手が正規捕球していない
  • 【条件②】2アウト、もしくは一塁にランナーがいない

一つずつ解説します。

【条件①】打者が振ったかどうかに関わらず3ストライク目を捕手が正規捕球していない

まずは3ストライク目を捕手が正規捕球していないことです。

ここの3ストライク目は打者が振ったかどうかは関係ありません。

3ストライク目を捕手が取り損ねたり打者が空振りしてワンバウンドで捕ったりしたら条件①に該当します。

【条件②】2アウト、もしくは一塁にランナーがいない

2つ目の条件は2アウトであることか一塁にランナーがいないことです。

2アウトであれば無条件で振り逃げになります。

または0アウト or 1アウトの時は一塁にランナーがいなければ振り逃げが発生します。

【表】状況別で振り逃げが発生するかどうかを判定

ここで状況別で振り逃げが発生するかどうかを表でまとめました

✔︎状況別振り逃げ判定表(○:振り逃げ対象、×:振り逃げ対象外)

ランナー 0アウト 1アウト 2アウト
無し
一塁 × ×
二塁
三塁
一、二塁 × ×
一、三塁 × ×
二、三塁
満塁 × ×

ご覧の通り2アウトでは無条件で振り逃げになることがわかります。

一覧表で振り逃げかどうかを見ると結構スッキリするのではないでしょうか。

【なぜ?】一塁にランナーがいる時に振り逃げできない理由

それではなぜ一塁にランナーがいる時に振り逃げができないのでしょうか?

それはアンフェアなダブルプレーを狙うことを防ぐためです。

例えば0アウトランナー満塁の時に振り逃げ可能というルールの場合、捕手がわざと投球を取り逃がして本塁を踏んで一塁に送球してダブルプレー成立というようなことができてしまいます。

基本的に野球の世界では守備側が怠慢プレーをして攻撃側が不利益を被るようなルールにはなっていません。

アンフェアなダブルプレーを防ぐインフィールドフライのルールが存在する理由と似ていますね

【補足①】振り逃げで点が入ったら打点は記録される?

振り逃げで得点が入っても打者に打点はつきません。

例えば1アウトランナー三塁で振り逃げが発生して打者走者のアウトの有無に関わらず三塁ランナーがホームインした場合は打点は記録されません。

その理由は打点の考え方として相手のエラーで走者がホームインしたとしても打点が記録されないからです。

今回の振り逃げのケースでは捕手が完全捕球できなかった=エラーとみなされるというわけです。

【補足②】振り逃げが成功したら出塁率は上がる?

振り逃げで出塁しても出塁率は下がります。

ここで出塁率の計算式は次のようになっています。

出塁率 = (安打+四死球) ÷ (打数+四死球+犠飛)

分子(安打+四死球)は変動がないですが、分母(打数+四死球+犠飛)に含まれる打数が増えるので出塁率は下がります。

振り逃げに関する珍記録

【高校野球】振り逃げで3ラン

2007年神奈川県大会準決勝、東海大相模高校対横浜高校の試合で発生した珍プレーです。

4回2アウト一、三塁の場面で打者はワンバウンドになる変化球を空振りして三振しました。

2アウトなので振り逃げが成立し打者はまだアウトになっていません。

しかし横浜の選手たちはピンチを切り抜けたことに安心してか打者走者をタッチアウトせずにそのままベンチに引き上げます。

その間に走者2人と打者走者が次々とホームインして振り逃げで3得点が認められてしまいました。

ちなみにこのときに振り逃げした打者はのちに巨人入りする菅野智之選手です。

【メジャー】許したランナーは振り逃げだけの準完全試合

2021年5月5日にオリオールズのジョン・ミーンズ投手がマリナーズ戦で許した走者が三振振り逃げだけという準完全試合を達成しました。

3回に空振り三振振り逃げでランナーを出しましたがそのランナーも盗塁失敗で結局打者27人をノーヒットに抑えました。

許したランナーが振り逃げだけのノーヒットノーランはメジャー史上初の快挙(珍記録)になります。

error: