【オールNPB投票フォーム!】あなたの考える2023年最強メンバーは誰?

大谷翔平の歴代背番号一覧!なぜ11・16・17番を着用したのか理由について解説

※本ページにはプロモーションが含まれます。

本記事では二刀流・大谷翔平選手がこれまでに着用した背番号についてまとめました。

実はこれまでにつけた背番号にはそれぞれ深いエピソードがあるんですよ?

ぜひご覧ください。

✔︎本記事の内容

  • 大谷翔平の歴代背番号一覧(NPB・MLB・侍ジャパン)
  • 大谷翔平はなぜ背番号11、16、17を着用したのか?

大谷翔平の歴代背番号一覧

大谷翔平選手が背負った歴代背番号を所属チームと侍ジャパンに分けて紹介します。

  • 所属チーム(NPB・MLB)
  • 侍ジャパン日本代表

所属チーム(NPB・MLB)

背番号 所属チーム
2013 11 日本ハム
2014 11 日本ハム
2015 11 日本ハム
2016 11 日本ハム
2017 11 日本ハム
2018 17 エンゼルス
2019 17 エンゼルス
2020 17 エンゼルス
2021 17 エンゼルス
2022 17 エンゼルス
2023 17 エンゼルス
2024 17 ドジャース

北海道日本ハムファイターズ時代は背番号11、ロサンゼルス・エンゼルスとロサンゼルス・ドジャース時代は背番号17を着用しています。

侍ジャパン日本代表

背番号 大会名
2014 16 日米野球
2015 16 第1回プレミア12
2023 16 第5回WBC

過去に侍ジャパントップチームで出場した大会は全て背番号16を着用していました。

日本ハムではなぜ背番号11?

日本ハムの背番号11は2005年から2011年まで絶対的エースとして活躍したダルビッシュ有投手が背負っていました。

2012年は欠番となっていましたが2013年に入団する大谷選手にエースの座を託すという意味合いを込めて背番号11を与えています。

もともと日本ハムがドラフト1位指名したときはメジャー挑戦のために日本ハムを入団拒否する可能性が濃厚でした。

しかし二刀流育成プラン、そして偉大な背番号11の提示によって最終的に口説き落としたと言われています。

エンゼルスではなぜ背番号17?

日本ハム時代に背負っていた背番号11はエンゼルスではジム・フレゴシ選手の永久欠番でした。

エンゼルスの入団会見時に背番号17と発表されましたが、本人は特に意味があるというわけではないと語っています。

しかし実は大谷選手は高校時代に背番号17を着用していました。

背番号17は花巻東高校の出世番号

岩手県・花巻東高校の背番号17は菊池雄星投手が高校1年時に着けていた番号で、その後の活躍から花巻東では背番号17は出世番号とされていました。

大谷投手は2009年の菊池投手の活躍に憧れて同校に入学し、高校1年時に菊池投手と同じく背番号17を受け取っています。

その後も高橋樹也投手が同校で高校1,2年時に背番号17を背負い、広島東洋カープ入りを果たしています。

ドジャースではなぜ背番号17?

2023年シーズンオフに大谷選手はエンゼルスからドジャースへFA移籍します。

大谷選手のドジャース入団発表時点で背番号17番はベテラン救援投手であるケリー投手が着用していました。

しかしケリー投手は「大谷はこのまま活躍を続けて殿堂入りする選手だ。番号を譲って17番と別れを告げる」というコメントを残して大谷選手に17番を譲りケリー投手自身は99番に変更しています。

ベテラン投手の配慮により、大谷選手はエンゼルス時代に引き続き背番号17を着用し続けることができました。

侍ジャパンではなぜ背番号16?

2014年日米野球(20歳)

大谷選手がはじめて侍ジャパントップチームにデビューしたのは2014年に開催された日米野球のときです。

大谷選手は日本ハムでは背番号11を着用していましたが、日本代表の背番号は先輩から順番に選択していく形式が取られ、背番号11は西武の岸孝之投手が選択しました。(その後岸投手は怪我のため出場辞退)

その後他の背番号も年次順に選ばれていき、当時20歳の大谷選手に残った番号が16番だったと言います。

大谷選手は背番号16のイメージについて、メジャーリーガーの先駆者である野茂英雄投手(ドジャース)の名前を挙げており即決だったと語っています。

2015年第1回プレミア12(21歳)

2015年プレミア12でも背番号の決め方は先輩優先であり、背番号11は菅野智之投手(巨人)が着用しました。

なので大谷選手は2014年日米野球の時と同様に背番号16を選択し着用しています。

2023年第5回WBC(28歳)

メジャー移籍後初の国際大会となった2023年WBCでも大谷選手は過去大会と同様に背番号16を着用しています。

エンゼルスでは背番号17を着用している大谷選手は「背番号はあまりこだわりはない。前回出られなかったのが一番。それまではずっとジャパンでは16番を付けてきたので。自分にとって日本代表は16番かなという印象が強いことが一番かなと思います。」という発言をしており、日本代表で愛着のある背番号16を選んでいますね。

大会結果は見事日本の3大会ぶりの優勝となり、大谷選手は

  • 投手として防御率1.86、2勝0敗、1セーブ
  • 打者として打率.435、1本塁打、8打点

の大活躍で文句なしの大会MVPを獲得しています。

大谷翔平選手の過去に着用した背番号についての解説は以上です。

error: