【無料体験あり】ベースボールLIVE(ベースボールライブ)のメリット&デメリットを徹底解説!

【無料体験あり】ベースボールLIVEのメリット&デメリットを徹底解説!

こんにちは。

  • プロ野球の試合中継を無料で視聴できるVODを知りたい
  • ベースボールLIVEのメリットとデメリットはなんだろう?
  • ベースボールLIVEって登録したらすぐに視聴できる?登録は簡単?

本記事では以上のような疑問を解決していきます。

ベースボールLIVE(旧:パ・リーグLIVE)はパリーグの全主催試合を視聴できるVODとして有名なサービスです。

✔︎本記事の内容

  • ベースボールLIVEの概要まとめ
  • ベースボールLIVEのメリットとデメリットを紹介
  • ベースボールLIVEの登録方法を解説

ぜひ最後まで読んでみてください。

\最大6ヶ月間無料/

ベースボールLIVEのサービス概要は以下の通りです。

中継配信サービス ベースボールLIVE
月額(税込) 508円
無料期間 最大6ヶ月間無料
対象球団 6球団(パリーグ)
ライブ配信
見逃し配信 ○(30日間)
対象試合 ×オープン戦
○公式戦
○CS
×日本シリーズ
×2軍戦
視聴デバイス スマホ
パソコン
タブレット
野球以外のスポーツ配信 Bリーグ
スポーツ以外の配信 無し
中継配信以外のサービス・特典 Yahooの買い物が3%or5%還元、PayPayボーナスが最大5%還元、雑誌読み放題(週刊ベースボールなど110以上)など

ベースボールLIVEのメリット

ベースボールLIVEを利用するメリットは以下の通りです。

  • 最大6ヶ月間無料体験ができる
  • パリーグ主催試合を見れるVODの中では月額が最安
  • パリーグ主催の全試合を網羅できる
  • マルチアングル機能を使用できる
  • 野球以外の特典が利用できる

一つずつ解説していきます。

最大6ヶ月間無料体験ができる

ベースボールLIVEは最大6ヶ月間無料で利用することができます。

無料期間はYahoo! JAPAN IDごとに異なるので自分が何ヶ月間無料なのか以下のリンクからYahoo! JAPAN IDでログインして確認してみてください。

ベースボールLIVE公式サイトで自分の無料期間を確認する

ちなみに私が実際に確認してみたところ6ヶ月間無料で利用できるとのことだったので試しに登録してみてました。

6ヶ月間無料ということは3月末のシーズン開幕から10月のシーズン終了までほとんどまるごと無料で視聴することができますね。

これだけ長期間の無料期間を利用できるのはベースボールLIVEだけです。
VOD名 無料期間
Hulu(巨人主催試合のみ視聴可能) 2週間無料
ベースボールLIVE(パリーグの主催試合視聴可能) 最大6ヶ月間無料
Amazon J SPORTSチャンネル(広島、横浜、中日主催試合視聴可能) 14日間無料

他のVODサービスは2週間程度しか無料期間がありませんので破格の無料期間の長さですね。

パリーグ主催試合を見れるVODの中では月額が最安

パリーグ主催試合を視聴できるVODは全部で3つあります。

VOD名 月額 無料期間
ベースボールLIVE 508円 最大6ヶ月間無料
楽天TV パ・リーグSpecial 702円(年額は5,602円) 無し(楽天会員は一部試合を無料視聴可能)
パ・リーグTV 1,595円(ファンクラブ会員は1,045円) 無し

月額ベースでは月508円のベースボールLIVEが最安、年額ベースでは年5,602円(ひと月あたり約467円)の楽天TV パ・リーグSpecialが最安のVODです。

ただしベースボールLIVEはオフシーズンに利用しないという方も多いと思います。

その場合はレギュラーシーズン中の3〜10月の8ヶ月分だけ登録したら4064円になるので楽天TV パ・リーグSpecialよりもベースボールLIVEの方が安くなりますね。

\最大6ヶ月間無料/

パリーグ主催の全試合を網羅できる

ベースボールLIVEはパリーグ主催試合を網羅しているのでパリーグに所属している6チームの試合を全て視聴することが可能です。

またセ・パ交流戦もパリーグが主催試合の場合は視聴することができますね。

パ・リーグファンにおすすめのVODです!

マルチアングル機能を使用できる

ライブ配信視聴中に下記の好きなカメラアングルを選んで観戦が可能です。

  • メインカメラ
  • 一塁側カメラ
  • 三塁側カメラ
  • 天井カメラ

テレビ放映による観戦では体験できない機能ですね。

※PayPayドームで開催するホークス戦のみで利用できる機能です

野球以外の特典が利用できる

ベースボールLIVEはYahoo!プレミアムに登録することで利用できるサービスなので野球以外の特典も利用可能です。

  • Bリーグの試合が見放題
  • ヤフーの買い物で3% or 5%のポイント還元
  • PayPayボーナスが最大5%還元
  • 110以上の電子雑誌が読み放題(週刊ベースボールなど)

以上のような野球以外の特典が充実していながら月額508円で済むのはコスパが高いと思います。

ベースボールLIVEのデメリット

続いてベースボールLIVEのデメリットを解説していきます。

  • セリーグ主催試合を視聴できない
  • テレビで視聴できない【裏技アリ】

デメリットについても一つずつ解説していきます。

セリーグ主催試合を視聴できない

セリーグの主催試合は視聴することができません。

パリーグに特化したVODなのでセリーグファンの人には不向きなVODサービスだと思います。

もしあなたがセリーグファンであれば以下のリンクで当該チームのおすすめVODを紹介しているのでぜひ合わせて読んでみてください。

↓セ・リーグ各球団のおすすめVOD

テレビで視聴できない【裏技アリ】

二つ目のデメリットはベースボールLIVEのサービスがテレビに対応していないということです。

上記のVODではFire TV Stickやスマートテレビを利用することでテレビで視聴することが可能です。

残念ながらベースボールLIVEはテレビからインターネット経由で直接見ることができませんが、Chromecastを使用すればテレビで視聴することができるようになります。

❶ChromecastをHDMI入力端子に接続

❷スマートフォンやタブレットの映像をテレビへ送信する

上記のようにChromecastを使えば、スマートフォンやタブレットからテレビに試合映像を投影することが可能です。

ベースボールLIVEの登録方法

ベースボールLIVEの登録方法はいたって簡単です。

❶ベースボールLIVEサイトにアクセス

❷Yahoo! JAPAN IDでログイン(またはID新規取得)

❸自分の無料体験期間を確認して会員登録ボタンをクリック

❹Yahoo!ウォレットで支払い方法を設定

❺登録完了

以上の手順で登録した日から試合を視聴可能です。

まずは無料体験期間の確認からしてみましょう!

ベースボールLIVEまとめ

本記事ではパ・リーグ主催試合を視聴できるベースボールLIVEというVODについて解説しました。

メリットまとめ
  • 最大6ヶ月間無料体験ができる
  • パリーグ主催試合を見れるVODの中では月額が最安
  • パリーグ主催の全試合を網羅できる
  • マルチアングル機能を使用できる
  • 野球以外の特典が利用できる
デメリットまとめ
  • セリーグ主催試合を視聴できない
  • テレビで視聴できない【裏技アリ】

以下のリンクではプロ野球の試合を視聴できるVODサービスを包括的に紹介しているので合わせてチェックしてみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: