【MLB】ニューヨークヤンキースの永久欠番一覧!指定背番号が多すぎる?

ニューヨークヤンキースの永久欠番一覧

メジャーリーグ ニューヨークヤンキースの永久欠番の一覧は次の通りです。

背番号 選手名 守備位置 永久欠番指定年
1 ビリー・マーチン 二塁手・監督 1986
2 デレク・ジーター 遊撃手 2016
3 ベーブ・ルース 外野手 1948
4 ルー・ゲーリッグ 一塁手 1939
5 ジョー・ディマジオ 外野手 1952
6 ジョー・トーリ 捕手・監督 2014
7 ミッキー・マントル 外野手 1969
8 ビル・ディッキー 捕手 1972
ヨギ・ベラ 捕手・監督 1972
9 ロジャー・マリス 外野手 1984
10 フィル・リズート 遊撃手 1985
15 サーマン・マンソン 捕手 1979
16 ホワイティー・フォード 投手 1974
20 ホルヘ・ポサダ 捕手 2015
21 ポール・オニール 外野手 2022
23 ドン・マッティングリー 一塁手 1979
32 エルストン・ハワード 捕手 1984
37 ケーシー・ステンゲル 外野手・監督 1970
42 ジャッキー・ロビンソン 二塁手 1997(MLB全球団共通)
マリアノ・リベラ 投手 2013
44 レジー・ジャクソン 外野手 1993
46 アンディ・ペティット 投手 2015
49 ロン・ギドリー 投手 2003
51 バーニー・ウィリアムス 外野手 2015

背番号1桁台は「0」を除いて全て埋まっており、2桁以上の番号も2000年代に入って以降も続々と埋まってきています。

ヤンキース唯一の1桁台背番号「0」

ヤンキースの歴史上初めて背番号0番をつけたのはアダム・オッタビーノ投手です。

FAでヤンキースに移籍する際にロッキーズ時代から着用していた背番号0を継続して着用することになりました。

2019年〜2020年の2年間背番号0を着用し、リリーフエースとして活躍しました。

※なお2022年シーズン終了時点で背番号0番をつけている選手はいません

松井秀喜の背番号「55」は今後どうなる?

2003年〜2009年にヤンキースに在籍していた松井選手の背番号55番は現在永久欠番になっていません。

ただし2010年シーズンは背番号55番を名誉番号として1年間欠番扱いにされました。

その後は多くの現役選手が背番号55を着用しています。

error: