【実況言語別】MLB中継を日本語または英語で見れるネット配信サービスを紹介!【無料視聴もあり】

【無料あり】MLB(メジャーリーグ)の試合中継を視聴できるネット配信サービス一覧

MLBの試合をスマホで視聴したいんだけど実況の言語ってサービスによって違うのかな…?日本語と英語それぞれのおすすめネット配信サービスについて教えてほしい!

本記事では上記の疑問にお答えしていきます。

MLBの試合をライブ中継してくれる配信サービスは多数ありますがそれぞれで実況言語は異なります。

最初に結論から話すと日本語実況と英語実況それぞれのおすすめネット配信サービスは次の通りです。

  • 日本語実況:ABEMAプレミアム【2週間の無料期間あり】
  • 英語実況:Hulu【2週間の無料期間あり】

日本語実況ならABEMAプレミアム、英語実況ならHuluが現状最もおすすめでありどちらも2週間の無料体験期間があります。

✔︎本記事を読んでわかること

  • 各MLBネット配信サービスの実況言語【日本語か英語】
  • 英語実況と日本語実況それぞれでおすすめのサービス
  • 実況言語以外でネット配信サービスを選ぶ基準を紹介

ぜひ最後までご覧ください。

ネット配信
サービス
ABEMAプレミアム Hulu J SPORTS SPOTV NOW MLB.TV
月額(税込) 960円 1,026円 2,944円 1,300円
(年間パスは9,900円)
年額94.99ドル
(1チームのみだと年74.99ドル)
無料期間 2週間無料 2週間無料 加入月無料
(加入月の退会不可)
無し 7日間無料
配信対象試合 日本人選手出場試合中心 日本人選手出場試合中心 日本人選手出場試合中心 日本人選手出場試合中心 全試合
実況の言語 日本語 英語 日本語 日本語・英語 英語
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

各MLBネット配信サービスの実況言語【日本語か英語】

各ネット配信サービスのMLBの試合の実況言語は次の通りです。

中継配信サービス 実況の言語 サイトの言語
ABEMAプレミアム 日本語 日本語
Hulu 英語 日本語
J SPORTS 日本語 日本語
SPOTV NOW 日本語・英語 日本語
MLB.TV 英語 英語

ABEMAプレミアム、J SPORTSは日本語実況に対応しており、SPOTV NOWも大谷をはじめとした日本人選手出場試合では日本語実況に対応しています。

一方HuluとMLB.TVは実況は全て英語になっています。

英語実況・日本語実況がおすすめの人
  • 英語実況:英語ネイティブの人、英語の学習も兼ねたい人
  • 日本語実況:野球の実況内容に集中したい人

英語の学習のためにあえて英語にするか、ちゃんと実況の会話を聞きながら野球に集中したいから日本語にするか。

実況の言語でネット配信サービスを選ぶのも大事ですね。

ただしMLB.TVだけはアメリカのサービスでアカウントの登録から全て英語で行う必要があるので英語に慣れていない人はちょっとハードルが高いかもしれません。

日本語実況でおすすめのサービス

日本語実況があるVODでおすすめなのはABEMAプレミアムですね。

14日間の無料体験期間があり日本人選手の出場試合を中心にライブ配信しています。

無料期間終了後も月額960円というコスパの良さで継続利用できるので実況の言語に関わらず一番おすすめできるサービスです。

英語実況でおすすめのサービス

Hulu_LP

一方英語実況で一番おすすめなのはHuluです。

Huluも日本人出場試合を中心に配信していて2週間の無料体験を利用できます。

さらに巨人の主催試合も視聴できるのでメジャーも日本プロ野球も楽しみたいという方のQOLが上がりますね。

ドラマや映画、アニメなど野球以外のコンテンツ内容も豊富です。

実況言語以外にネット配信サービスを選ぶ基準を紹介

ここまでは実況言語について解説しましたがネット配信サービスによって実況言語以外のサービス内容が結構違います。

そこで実況言語以外の選定基準についても解説していきます。

選ぶ基準となるのは次の4点ですね。

  • 無料体験期間の利用
  • 配信対象試合
  • 月額料金
  • MLBの試合配信以外のコンテンツ

それぞれのポイントについて深掘りします。

無料体験期間の利用

無料体験期間があるサービスは真っ先にネット配信サービスを試す候補になりますね。

中継配信サービス 月額(税込) 無料期間
ABEMAプレミアム 960円 2週間無料
Hulu 1,026円 2週間無料
J SPORTS 2,944円 加入月無料(加入月の退会不可)
SPOTV NOW 1,300円(年間パスは9,900円) 無し
MLB.TV 年額94.99ドル
(1チームのみだと年74.99ドル)
7日間無料

ABEMAプレミアムHuluMLB.TVでは無料体験期間が設けられています。

それぞれABEMAプレミアムは日本語実況とHuluは英語実況なのでどちらかをまずは試してみるのがいいでしょう。

無料体験期間終了後の月額料金も考慮するとABEMAプレミアムが第一候補になりそうです。

配信対象試合

中継配信サービス 配信対象試合
ABEMAプレミアム 日本人選手出場試合中心
Hulu 日本人選手出場試合中心
J SPORTS 日本人選手出場試合中心
SPOTV NOW 日本人選手出場試合中心
MLB.TV 全試合

ABEMAプレミアムHuluJ SPORTSSPOTV NOWは日本人選手が出場する試合を中心に配信します。

一方MLB.TVだけはメジャーリーグの全試合を網羅することができるので、日本人出場試合以外でも見ることができない試合があるのは嫌だ!という人はMLB.TV一択です。

月額料金

月額料金は各配信サービスでけっこう差が現れています。

中継配信サービス 月額(税込)
ABEMAプレミアム 960円
Hulu 1,026円
J SPORTS 2,944円
SPOTV NOW 1,300円(年間パスは9,900円)
MLB.TV 年額94.99ドル
(1チームのみだと年74.99ドル)

月額料金で決めるのであればABEMAプレミアムが一番安いです。

ABEMAプレミアム以外はいずれも月額4桁円を超えるので金額差を実感しますね。

さらにMLB.TVに至ってはドル払いのため円安(130円オーバーなど)になると一気にわたしたちが不利になります。

MLBの試合配信以外のコンテンツ

最後にメジャーリーグ以外に見れるコンテンツについてです。

中継配信サービス 日本プロ野球の試合 野球以外のスポーツ配信 スポーツ以外の配信
ABEMAプレミアム 無し サッカー、ゴルフなど ドラマ、アニメ、映画、バラエティなど
Hulu 巨人主催試合 サッカー、バスケ、ゴルフなど ドラマ、アニメ、映画、バラエティなど
J SPORTS 広島、横浜、中日主催試合 サッカー、テニス、ゴルフなど ドラマ、アニメなど
SPOTV NOW 無し 女子ソフトボール、女子サッカー、ホッケー、女子バスケなど 無し
MLB.TV 無し 無し 無し

HuluとJ SPORTSではそれぞれプロ野球の試合も視聴可能です。

  • Hulu:巨人主催試合
  • J SPORTS:広島、横浜、中日主催試合

またABEMAプレミアムHuluJ SPORTSでは野球以外のスポーツ(サッカーやゴルフ)やスポーツ以外のドラマやアニメといったコンテンツも視聴できます。

メジャーの試合を楽しむだけでなく他のコンテンツも含めた総合的な判断だとこれら3つの中から選択するのが良いですね。

>>ABEMAプレミアムはこちら

>>Huluはこちら

>>J SPORTSはこちら

以上、MLBを中継するネット配信サービスに関する解説は以上です。

  • 日本語実況ならABEMAプレミアム【2週間の無料期間あり】
  • 英語実況ならHulu【2週間の無料期間あり】

ABEMA(旧:AbemaTV)

error: