【おすすめ比較】ベイスターズとコラボしたクレジットカードを徹底解説

【おすすめ比較】ベイスターズとコラボしたクレジットカードを徹底解説

こんにちは。

  • クレジットカードを作りたいんだけどせっかく作るならベイスターズデザインのカードが気になる!
  • 横浜DeNAベイスターズとコラボしたカードはどんな種類があるの?
  • 各カードのメリットデメリットについて教えてほしい!

今回は上記のような疑問にお答えしていきます。

今や、多くの人がクレジットカードを複数枚持つのが当たり前になってきています。

ぜひクレジットカード選びの参考にしてみてください。

✔︎本記事の内容

  • ベイスターズデザインのクレジットカードを選ぶ際のポイントを解説
  • ベイスターズデザインのクレジットカードを一覧形式で紹介
  • 各クレジットカードのメリットとデメリットを徹底解説
ラインアップ JCB
ベイスターズカード
一般カード
JCB
ベイスターズカード
ゴールドカード
カードフェイス
年会費 2,200円(税込)
※初年度年会費
キャッシュバック中
11,825円(税込)
※初年度年会費
キャッシュバック中
詳細 公式サイト 公式サイト

※「公式サイト」ボタンからカード申込ページに移動できます。

ベイスターズらしい青いデザインですね!

\初年度年会費キャッシュバックキャンペーン中!/

ベイスターズデザインのクレジットカードを選ぶポイント

横浜DeNAベイスターズとコラボしたクレジットカードは

  • JCBベイスターズカード 一般カード
  • JCBベイスターズカード ゴールドカード

の2種類です。

野球に関する特典は

  • チケットの先行販売
  • 公式戦またはJCB協賛試合に抽選でご招待
  • 各球団選手直筆サイン色紙プレゼント(抽選)
  • ファンなら絶対参加したい球団主催のイベント(ファン感謝デーなど)に抽選でご招待
  • 豪華球団グッズがあたる(新規入会時に抽選)

といった内容になっていますが一般カードとゴールドカードで特典にほとんど違いはありません

野球に関する特典の違い:ゴールドカードは選手直筆サイン色紙の当選確率が一般カードの2倍になる

一般カードとゴールドカードの違いは

  • 年会費:一般カードは2200円(税込)、ゴールドカードは11825円(税込)
  • ゴールドカードの方が保険が手厚い
  • ゴールドカードは空港ラウンジサービスを受けられる
  • ゴールドカードの方がポイント還元率が高い

といった野球に関する特典以外の部分で差が現れます。

なのでそれぞれのカードについて以下の人がおすすめでしょう。

野球に関する特典を受けられればOKの人

JCBベイスターズカード 一般カードがおすすめ!

クレジットカードの還元率や保険、ステータスにもこだわりたい人

JCBベイスターズカード ゴールドカードがおすすめ!

自分に合ったカードを選んでみてください!

\初年度年会費キャッシュバックキャンペーン中!/

横浜DeNAベイスターズとコラボしたクレジットカード一覧

横浜DeNAベイスターズとコラボしている2つのクレジットカードについて基本情報を比較します。

  • JCBベイスターズカード 一般カード
  • JCBベイスターズカード ゴールドカード
ラインアップ JCBベイスターズカード 一般カード JCBベイスターズカード ゴールドカード
カードフェイス
グレード 一般カード ゴールドカード
国際ブランド JCB JCB
年会費(本会員) 2,200円(税込)

※初年度年会費キャッシュバック中

11,825円(税込)

※初年度年会費キャッシュバック中

年会費(家族会員) 440円(税込) 1名様無料、
2人目より1名様につき1,100円(税込)
野球関連の特典 チケットの先行販売
公式戦またはJCB協賛試合に抽選でご招待
各球団選手直筆サイン色紙プレゼント(抽選)
ファンなら絶対参加したい球団主催のイベント(ファン感謝デーなど)に抽選でご招待
豪華球団グッズがあたる(新規入会時に抽選)
チケットの先行販売
公式戦またはJCB協賛試合に抽選でご招待
各球団選手直筆サイン色紙プレゼント(抽選・ゴールドカード会員の当選確率は「2倍」)
ファンなら絶対参加したい球団主催のイベント(ファン感謝デーなど)に抽選でご招待
豪華球団グッズがあたる(新規入会時に抽選)
ポイント Oki Dokiポイント Oki Dokiポイント
追加可能なカード ETC
QUICPay
家族カード
ETC
QUICPay
家族カード
Apple Pay 設定可 設定可
Google Pay 設定可 設定可
主な付帯サービス ショッピングガード保険:海外最高100万円 遅延費用保険金・紛失費用保険金
旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
ショッピングガード保険:海外最高500万円
ショッピングガード保険:国内最高500万円国内主要空港のラウンジを無料使用可能

JCBベイスターズカード 一般カード/ゴールドカードのメリット・デメリット

JCBベイスターズカードのメリットとデメリットを解説します。

メリットだけでなくデメリットにも目を向けていきます!
  • メリット①:チケットの先行販売に参加できる
  • メリット②:抽選で公式戦や球団主催イベントに招待される
  • メリット③:抽選で選手直筆サイン色紙や豪華球団グッズが当たる
  • デメリット①:大半の特典は抽選
  • デメリット②:年会費がかかる

それぞれ解説していきます。

\初年度年会費キャッシュバックキャンペーン中!/

メリット①:チケットの先行販売に参加できる

まずJCBベイスターズカードの最も大きなメリットがチケットの先行販売です。

JCBベイスターズカード会員向けのチケットを用意しているので土日祝日や人気の試合でもチケットを取りやすくなります。

観戦チケットをフライングで獲得できる可能性があります!

※入場制限により入場券の販売中止、または販売スケジュールが大幅に変更する場合があります

メリット②:抽選で公式戦や球団主催イベントに招待される

次のメリットは公式戦や球団主催イベント(ファン感謝デーなど)に抽選で招待されることです。

メモ:公式戦の招待には5月16日~翌年5月15日の期間中にJCBベイスターズカードを合計12万円(税込)以上利用する必要があります。球団主催イベントの招待は金額の縛りはありません。

抽選がどれくらいの倍率になるのかは未知数ですが当たったらかなり嬉しいですね。

メリット③:抽選で選手直筆サイン色紙や豪華球団グッズが当たる

次のルールで選手直筆サイン色紙や豪華球団グッズが抽選で当たります。

  • 選手直筆サイン色紙:5月16日~翌年5月15日の期間中にJCBベイスターズカードを合計12万円(税込)以上利用する
  • 豪華球団グッズ:キャンペーン期間中に新規入会・カード発行する、キャンペーン期間中にエントリーのうえJCBベイスターズカードのご利用合計金額5万円(税込)以上利用する(5万円(税込)を一口とする)

豪華球団グッズは当選枠が30名分あります。

また選手直筆サイン色紙についてはゴールドカードなら当選確率が2倍になります。

球場に足を運ぶ以外に選手直筆サインをもらえるチャンスがあるのは嬉しいですね!

デメリット①:大半の特典は抽選

公式戦や球団主催イベントへの招待、選手直筆サイン色紙、豪華球団グッズといったメリットがありますがいずれも抽選で当たる必要があります。

抽選で当たらないと意味がありませんね

宝くじは買わなきゃ当たらないとは言いますが、そこまでの価値があるかは自身で見極める必要があります。

デメリット②:年会費がかかる

デメリットの一つ目は年会費がかかることです。

  • JCBベイスターズカード 一般カード:2,200円(税込)
  • JCBベイスターズカード ゴールドカード:11,825円(税込)

ゴールドカードの方が年会費が高いですが、その分

  • ポイント還元率が高い
  • 空港ラウンジサービス
  • 保険が手厚い

といったメリットもあります。

ゴールドカードは社会的地位を示すものでもあるので、高いステータスを示せますね

初年度は実質年会費無料なので1年間使ってみて、2年目以降使い続けるか判断してもいいですね。

\初年度年会費キャッシュバックキャンペーン中!/

【まとめ】ベイスターズデザインのクレジットカードは自分に合ったカードを選択しよう!

JCBベイスターズカードは

  • チケットの先行販売
  • 公式戦またはJCB協賛試合に抽選でご招待
  • 各球団選手直筆サイン色紙プレゼント(抽選)
  • ファンなら絶対参加したい球団主催のイベント(ファン感謝デーなど)に抽選でご招待
  • 豪華球団グッズがあたる(新規入会時に抽選)

といったメリットを受けられることを詳しく解説しました!

野球に関する特典を受けられればOKの人

JCBベイスターズカード 一般カードがおすすめ!

クレジットカードの還元率や保険、ステータスにもこだわりたい人

JCBベイスターズカード ゴールドカードがおすすめ!

ぜひ自分に合ったカード選びの参考にしてみてください!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: