【野球】タイムリーヒットとはどういう意味?普通のヒットとの違いがわかる

【野球】タイムリーヒットとはどういう意味?普通のヒットとの違いがわかる

本記事では野球観戦初心者さん向けにタイムリーヒットについて解説しています。

✔︎本記事を読んでわかること

  • タイムリーヒットとタイムリーエラーの意味
  • タイムリーと呼ぶプレーと呼ばないプレー
  • タイムリーヒットの種類

ぜひご覧ください。

タイムリーヒットの意味とは?【得点を挙げたかどうかがポイント】

タイムリーヒットとはランナーを生還させるヒットのことを意味しています。

例えば次のようなヒットのことですね。

上記の動画の場合、2アウト二、三塁からセンターへヒットを打って2点を取っています。

この場合は2点が入ったので2点タイムリーヒットと言いますね。

タイムリー(Timely)は本来「時機が良い、タイミングが良い」という意味で使われるので、得点を取れる状況でちゃんとヒットを打ったことからタイムリーヒットと呼んでいます。

「得点が入っているかどうか」というのが普通のヒットとの違いのポイントですね

ちなみに日本語では適切な時に打っていることから「適時打(てきじだ)」という呼び方をします。

タイムリーエラーとは?【打点はつかない】

得点を挙げたヒットのことをタイムリーヒットと呼ぶのに対して、得点を献上してしまったエラーのことをタイムリーエラーと呼びます。

ネガティブな意味で使われる用語ですね。

なおタイムリーエラーの場合は打者に打点はつきません。

タイムリーと呼ぶプレーと呼ばないプレー

タイムリーヒットと呼ぶかどうかのポイントは打者がアウトにならずに得点を挙げたかどうかということです

何個か具体例と共にタイムリーと言えるかどうかを解説します。

内野ゴロによる得点

内野ゴロによる得点については打者がアウトになったかどうかで呼び方が変わります。

  • 打者がアウト →打者がアウトになっているのでタイムリーと呼ばない
  • 打者がエラーで出塁 →タイムリーエラー
  • 打者がセーフ →タイムリー内野安打

スクイズによる得点

スクイズによって得点を試みた場合は次のように呼び方が変わります。

  • 打者がアウト →スクイズ(打者がアウトになっているのでタイムリーと呼ばない)
  • 打者がエラーで出塁 →タイムリーエラー
  • 打者がセーフ →タイムリー内野安打

犠牲フライによる得点

ランナー三塁で犠牲フライを打った場合も次のように呼び方が変わります。

  • 犠牲フライ →打者がアウトになっているのでタイムリーと呼ばない
  • 犠牲フライを落球 →タイムリーエラー

ホームランによる得点

ホームランによる得点の場合はタイムリーホームランという使い方をしません。

あくまでタイムリーとは「得点を狙える場面でタイミング良く打ったヒット」のことを意味しているので、最初から得点が確定しているホームランについてはタイムリーという表現をしません。

タイムリーヒットの種類

タイムリーヒットは得点数とヒットの種類によって呼び方を変えることがあります。

2点以上得点が入った場合は「2点〇〇」「3点〇〇」という言い方をします。

✔︎シングルヒット

得点数 名称
1点 タイムリーヒット
2点 2点タイムリーヒット
3点 3点タイムリーヒット

✔︎ツーベースヒット

得点数 名称
1点 タイムリーツーベースヒット
2点 2点タイムリーツーベースヒット
3点 3点タイムリーツーベースヒット

✔︎スリーベースヒット

得点数 名称
1点 タイムリースリーベースヒット
2点 2点タイムリースリーベースヒット
3点 3点タイムリースリーベースヒット

【ちなみに】タイムリーヒットは和製英語

タイムリーヒットは実は和製英語であり、メジャーでは適時打のことをクラッチヒット(clutch hit)またはRBIヒットと呼びます。

RBIとは英語で打点を意味しています。

日本でも得点圏打率が高かったりチャンスに強い打者のことをクラッチヒッターと呼んでいますね。

ネット配信サービスでは見逃したタイムリーヒットも巻き戻して見返すことができるのでプロ野球観戦者にはおすすめのサービスです。

当サイトでは「プロ野球中継のネット配信サービス一覧&比較!【無料で見れるものもあり】」で一覧形式でネット配信サービスについて紹介しています。

おすすめは12球団の全試合を視聴できるスカパー!プロ野球セットですね。

スカパーは初月無料体験が可能なのでまずはタダでネット配信サービスを試してみたいという方はぜひ。

以上です。

引用元:スカパー!プロ野球セット

error: